ぴよぴよ。小鳥用のゴーグルができたよー

ぴよぴよ。小鳥用のゴーグルができたよー

見た目はキャラクターっぽいですが、大真面目です。

私達がそうであるように、実験動物にも健康であってほしい。Science Newsによると、そんな思いから、スタンフォード大学の研究者は小鳥用のゴーグル3Dプリントで作ってしまいました。

「私たちはレーザーシート(計測装置)の中をガードなしには歩かないでしょう? だから、実験用の小鳥のためにも作ってあげたのです」と語るのは、生物の飛行の仕組みを研究するDavid Lentink助教授。なかなか優しい研究者ですね。

20161209nbird2.jpg

この小鳥はマメルリハというインコで、名前は「Obi」。Lentink氏はObiがレーザーで照らしだされた霧の中を羽ばたく様子をハイスピードカメラで撮影することで動物の主な3つの飛行モデルを比較しました。その結果、従来の飛行モデルの理論では不十分だとわかったのです。

なんでも、従来の数学モデルよりも実際の鳥の飛行はより複雑で荒々しいんだそうですよ?

「多くの人はロボット飛行の参照として、鳥の飛行に関する文献を参照します。しかし我々の研究では、それらはあまり役に立ちません」

今回の研究を通して、同大学やその他のチームがいつの日か正確に鳥の飛行を解明するかもしれません。その技術を利用したロボットは、Obiのように可愛らしいものになるのでしょうか?

もっと読む:
野生動物のフォトコンテストが見せる自然の残酷さと優しさ
飛べない鳥ドードーの全身骨格、オークションで約4850万円で落札される

source: Science News, YouTube

Hudson Hongo - Gizmodo[原文
(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by