ホンダ×Google(Waymo)のタッグとなるか? 自動運転技術の共同研究を検討中

ホンダ×Google(Waymo)のタッグとなるか? 自動運転技術の共同研究を検討中

夢の自動運転、安全な社会を目指して。

ホンダは、自動運転研究開発会社である「Waymo(ウェイモ)」との、自動運転の共同研究に向けた検討を始めたと発表しました。

WaymoはGoogle内の自動運転車の開発部門を独立させた企業で、Googleの親会社であるAlphabetの傘下に置かれています。Waymoの設立は本当につい最近で、その時には自社による完全自動運転車の実現計画からの軌道修正も報じられました。事実、すでにフィアットクライスラーへの技術提供が行なわれ、実験用車両が完成。テストコースでの走行実験も行なわれています。

Waymoは既存の製造設備を持った自動車会社と競争していくのではなく、得意なIT技術を提供して、自動運転システムのコアとしての道を進むというわけですね。今後ホンダ・Waymoの開発チームは、ホンダの車両にWaymoの自動運転技術となる、センサーやソフトウェア、車載のコンピューターなどを搭載し、米国での公道実証実験に使用していくとのことです。

なお、ホンダは安全に対する取り組みとして、さまざまなセンシングを使った危機回避機能、そしてその進化系とも言える自動運転システムの開発を行なってきました。

ホンダ ロードマップ

こちらがそのロードマップ。この図によると2020年頃から自動運転システムの実現を目指していますが、ひょっとしたら今回の提携により計画は前倒し、もしくはより高度で安全な自動運転へ発展するかもしれませんね。それはホンダの掲げる到達地点、「事故に遭わない社会」へ向けての大きな前進となるでしょう。

異なる技術を持つ企業が手を取り合い、未来へ挑戦していく姿。それは非常に興味深く、そして応援したくなります。

事故のない社会、実現してほしいな。

Googleが自動運転車で新会社「Waymo」設立。でも完全自動運転はおあずけに?

image by Waymo Blog
source: ホンダ(ニュースリリース), Waymo Blog

(小暮ひさのり)

あわせて読みたい

powered by