KORG electribeでエイフェックス・ツインの名曲『Flim』をカバー、パターンも配布中

KORG electribeでエイフェックス・ツインの名曲『Flim』をカバー、パターンも配布中

トラックメイクの名機。

KORGの名ハードとして16年もの歴史を持つELECTRIBEシリーズ。その最新機種electribe(小文字です)で、エイフェックス・ツインの名曲『Flim』をカバーした演奏が公開されています。

演奏しているのはElektroNoiserという名前で活動しているアーティスト、Cristian Cartagenaさん。

electribeはシンセ音源やドラム音源をもつシーケンサーで、16のパッドに音を割り当てて偶発的ビートメイクをエンジョイする機材。このシンセ音源がかなり多様で、それを利用して力技でエイフェックスの音に近づけているのがすごい。さらにelectribeはソングモードがなく、曲を完成させることにはあまりフォーカスを置いていない機材にも関わらずこのカバー精度なので、要するに変&態です。

YouTubeの概要欄にてパターンを無償配布しています。機材をお持ちの方はぜひエイフェックス気分を味わってみてはいかがでしょう?

最後にenterniusより、オリジナルの『Flim』をどうぞ。

もっと読む:
テクノロジーがアナログを取り戻す。2016年に発売された注目楽器を振り返る
日本語でアガるボーカルループシーケンサー「VOCALOOP」が限定発売、そして即完売
モジュラーシンセをモーションコントローラーでモジュモジュしてみる

image by YouTube
source: YouTube 1, 2

ヤマダユウス型

追記(1/3):記事を修正いたしました。ご指摘ありがとうございます。

あわせて読みたい

powered by