水分補給をハックする!? アプリ連携のスポーツボトル「Moikit gene」が登場

  • machi-ya
    水分補給をハックする!? アプリ連携のスポーツボトル「Moikit gene」が登場

    水分補給もガジェットにお任せ!

    「喉が渇いたら飲む」では遅いとよく言われますが、大量に汗をかく夏だけでなく、冬の乾燥しているときでも体内に水分が足りなくなることはあります。

    そんな、つい忘れがちな日々の水分補給をサポートしてくれる、IoTのスポーツボトル「Moikit gene」が、メディアジーン運営のクラウドファンディング「machi-ya」に登場しました。

    まずは紹介動画をご覧ください。

    アスリート感満載の動画ではありますが、スポーツをしない方にとっても水分補給は大切です。そして、「ただ、たくさん水を飲めばいい」というわけではありません

    1回コップ1杯程度(150~250ミリリットル)の量の水を1日に6~8回飲み、1日の必要量(約1.5リットル)を補給するというものが挙げられます。朝起きたとき、通勤で歩いたあと、スポーツをするとき、入浴後、就寝前などにこまめに水を飲めば、水分不足に陥ることなく、また水のとりすぎで体に負担をかけることもなく、疲労回復や健康維持に役立てることができると考えられています。

    出典:サントリー水大辞典より

    このように、水分は喉が渇いたときに一気に飲むのではなく、定期的に必要な量を摂取することが大切。ただ、なかなか自分で意識してできるものではないのも事実……それなら、正しい水分補給はガジェットに頼ってしまおう!ということ発想から、「Moikit gene」は生まれたようです。

    習慣化をIoTテクノロジーでサポート

    20161212_smartbottle1.jpg

    「Moikit gene」は、一般的な水筒やスポーツボトルと同様の機能はもちろん、テクノロジーを利用して、より良い水分補給習慣をもたらす新しい形のスマートボトルです。

    水分摂取量を自動的に記録するだけでなく、スマートフォンのMoikitアプリと連動することで、より多くの水分管理機能を活用でき、皆さんの水分補給習慣の改善を援護してくれます。

    どんな角度でも飲める、スマートストロー・テクノロジー

    20161212_smartbottle2.jpg

    一般的なスポーツボトルはストローで飲むか、飲み口から直接飲むかの2パターンですが、「Moikit gene」の画期的な「スマートストロー」が、どんな角度からでも中身を運んでくれます。一般的なストロータイプのボトルは底を上にしてしまうと飲めませんが、「Moikit gene」はそのような一般常識にとらわれません!

    忙しいと水分をとるのなんてつい忘れてしまう……そんな渇ききった私とさよならできるスマートボトルは、本日12月12日から2月10日まで支援を受付中です!

    定価はおよそ9,600円ですが、各色限定25個の「アーリーバード」は税込み6,500円となっています。早期支援のタイミングをお見逃しなく。

    source:machi-ya, Vimeo

    (machi-ya 事務局)

      あわせて読みたい

      powered by