野生動物のフォトコンテストが見せる自然の残酷さと優しさ

    野生動物のフォトコンテストが見せる自然の残酷さと優しさ

    動物園なんかじゃなかなか見られない、色んな動物たちの絶妙な瞬間。

    ロンドン自然史博物館が主催している野生動物フォトコンテスト「ピープル・チョイスアワード」の2016年ノミネート作品が発表されました。今年度のコンテストは2017年1月10日に終了しますが、私たちもTwitter(公式ツイッターアカウント@NHM_WPY)で投票ができるようになっています。投票には#MyWPYのハッシュタグをつけてください。

    「Hitching a Ride」 by Daisy Gilardini (スイス)

    161129wildlifephoto2.jpg

    カナダのワプスク国立公園で、2匹の赤ちゃんグマと休んでいたお母さんホッキョクグマが急に立ち上がり、雪深い傾斜を下っていきました。1匹の子グマがお母さんに飛び乗って、その硬い毛につかまっている様子です。


    「Opportunistic Croc」 by Bence Máté (ハンガリー)

    161129wildlifephoto3.jpg

    南アフリカ共和国にあるZimanga Private Game Reserveで餌の肉を食べているナイル・クロコダイル。撮影後、Bence Mátéさんは、ゾッとするほど大きな4メートルもあるクロコダイルなのに、なんだか穏やかな気持ちになったと語っています。


    「Ghostly Snow Geese」 by Gordon Illg (アメリカ)

    161129wildlifephoto4.jpg

    ピンクに染まる早朝の光の中で幽霊っぽく浮かぶハクガンの群。アメリカ・ニューメキシコ州のボスケ・デル・アパッチ野生動物保護区にて撮影されました。


    「A Mother’s Hand」 by Alain Mafart Renodier (フランス)

    161129wildlifephoto5.jpg

    フォトグラファーのA. M. Renodierさんが長野県の地獄谷野猿公苑で、ニホンザルのお母さんが寝ている赤ちゃんザルの頭にそっと手を乗せている様子を写した作品です。


    「Into the Fray」 by Stephen Belcher (ニュージーランド)

    161129wildlifephoto6.jpg

    フォトグラファーのStephen Belcherさんが、中国の周至自然保護区で1週間かけて撮影したゴールデンモンキー(キンシコウ)の写真。ゴールデンモンキーは寒い冬を越えるために分厚い毛に覆われています。2匹のオスがケンカを始めようとしている瞬間です。1匹はすでに石の上にいますね。


    「The Stare of Death」 by Johan Kloppers (南アフリカ共和国)

    161129wildlifephoto7.jpg

    南アフリカ共和国でヌー(ウシカモシカ)の赤ちゃんが生まれたのを見たフォトグラファー。ところが、同じ日にメスライオンに捕まり、オスライオンの元に連れて行かれてしまいました。その瞬間を捉えたものです。自然の厳しさをヒシヒシと感じる瞬間です。


    「Head-On」 by Tapio Kaisla (フィンランド)

    161129wildlifephoto8.jpg

    フォトグラファーのTapio Kaislaさんが、ノルウェーのDovrefjell–Sunndalsfjell国立公園に旅行に行った時に撮った写真。春はこの牛たちの発情期ではないものの、すでにお互いの強さを試しています。頭をぶつける音が響いていたそうです


    「The Couple」 by Sergio Sarta (イタリア)

    161129wildlifephoto9.jpg

    インドネシア・バリのトランベンでダイビングをしたフォトグラファーのSergio Sartaさんが海底火山があり、暗い灰色の砂地になっている海底で見つけた明るい色の生物。これはコールマンシュリンプとアカオニガゼでした。アカオニガゼは人間には猛毒ですが、コールマンシュリンプはうまいこと危ない部分を避けて座っているとのこと。


    「Jelly Starburst」 by Andrea Marshall (アメリカ)

    161129wildlifephoto10.jpg

    フォトグラファーのAndrea Marshallさんがモザンビークでシュノーケリング中に見つけた大きなクラゲの大群。ヒトデがいっぱいくっついてますね。


    「The Stand-Off」 by Michael Lambie (カナダ)

    161129wildlifephoto11.jpg

    繁殖期にオスの七面鳥はメスにアピールをしますが、戸惑っている七面鳥もちらほら。この七面鳥は反射する自分の姿を自分とわかっていなくて混乱中のようです


    「Sisters」 by Bernd Wasiolka (ドイツ)

    161129wildlifephoto12.jpg

    南アフリカのクガラガディー・トランスフロンティア・パークでライオンの群に遭遇したフォトグラファーのBernd Wasiolkaさん。あるオスが木にマーキングをすると、あとからきたメス2匹が同じポーズでマーキングの跡の匂いを嗅いでいるところです


    「Into the Night」 by Karine Aigner (アメリカ)

    161129wildlifephoto13.jpg

    アメリカ・テキサスのサンアントニオにあるBracken Caveでは、夏の間2,000万ものコウモリがやってきて子供を産んで育てます。日が落ちる頃、お腹をすかせたお母さんコウモリたちが輪になって飛び、空に舞っている小さな虫を食べるのです。


    「The Blue Trail」 by Mario Cea (スペイン)

    161129wildlifephoto14.jpg

    このカワセミは毎日、この池に来るそうです。ハイスピードシャッターと人工光で見事な瞬間を撮影しています。


    「Eye in Focus」 by Ally McDowell (アメリカ・イギリス)

    161129wildlifephoto15.jpg

    フォトグラファーのAlly McDowellさんは、海の中の色と模様にフォーカスしてよく撮影をおこなうそうです。アオブダイという魚の目の模様が見えますね。


    「Spiral」 by Marco Gargiulo (イタリア)

    161129wildlifephoto16.jpg

    こちらはSabella spallanzaniiという多毛類の一種。ものを固められる粘液を分泌して砂の筒を作るそうです。


    「Eye Contact」 by Guy Edwardes (イギリス)

    161129wildlifephoto17.jpg

    ギリシャのケルキニ湖で見られるニシハイイロペリカンは、世界のペリカン類で1番大きな種類。もともとは東ヨーロッパ、ロシア、アジアに生息する種類ですが、狩猟や生息地が失われたことによって数が減っているそうです。


    「Confusion」 by Rudi Hulshof (南アフリカ共和国)

    161129wildlifephoto18.jpg

    Rudi Hulshofさんが撮影した南アフリカ共和国のWelgevonden Game Reserveにいるシロサイの未来を危惧した一枚。密猟が多くおこなわれているそうです。2頭のシロサイがすれ違った時にちょうど胴体1つ頭が2つのようなシルエットになった瞬間です。


    「Breakfast Time」 by Cari Hill (ニュージーランド)

    161129wildlifephoto19.jpg

    ケニアのナイロビにある「ジラフマナー」というホテルを買い取ったオーナーはウガンダキリンが絶滅の危機にあると知り、ウガンダキリンを繁殖させて自然に返すプログラムを開始しました。ホテルの宿泊客はこんな風に窓からのぞくキリンに会うことができます。


    「Caterpillar Curl」 by Reinhold Schrank (オーストリア)

    161129wildlifephoto20.jpg

    ギリシャで花の上にいた毛虫を見つけたフォトグラファーさんが、そっと藁に移動させて撮影。


    「Rainbow Wings」 by Victor Tyakht (ロシア)

    161129wildlifephoto21.jpg

    鳥の羽が回折格子になっている様子。いろんな波長の光が広がり、曲がって、わかれることで羽に映った光が七色になっています。


    「Monkey Ball」 by Thomas Kokta (ドイツ)

    161129wildlifephoto22.jpg

    小豆島のお猿の国で撮られた一枚。寒さの中お猿さんたちが集まって体を温めています。撮影者は木に登って撮影したそうです。ふかふかして暖かそう!


    「Facing the Storm」 by Gunther Riehle (ドイツ)

    161129wildlifephoto23.jpg

    Gunther Riehleさんが南極に到着したのは日があるうちでしたが、夜になると嵐がきて朝には雪が降っていたそうです。そんな中コウテイペンギンたちが集まって自分たちで壁を作って吹雪から身を守っている様子を撮影できたそうです。あまりにも寒そうでなんだかかわいそうなくらいですね。

    厳しい野生に生きる動物たちの姿の関連記事:
    2頭のヘラジカ、川で戦ったままの状態で凍っているのが見つかる
    (追記あり)「なまけてなどいない…!」 ナマケモノが本気を出す時

    images by Natural History Museum — People’s Choice Award
    source: Natural History Museum — People’s Choice Award
    参考: Twitter

    George Dvorsky - Gizmodo US[原文
    (岩田リョウコ)

    あわせて読みたい

    powered by