一周回ってわからなくなったネットスラングたち。「孔明の罠」って何?

一周回ってわからなくなったネットスラングたち。「孔明の罠」って何?

  • Sponsored

待て あわてるな これはギズの罠だ

東京メトロの駅などで日経電子版の挑戦的な広告が掲出され、12月26日からTVCMの放送も始まりました。広告看板の種類は、何と50を数えるバリエーションがあるのだそうで、実際に駅で見るとなかなか壮観なものがあります。

中には「どこかで見たような顔」もあるかなと思いますが、モチーフになっているのは、巨星・横山光輝が著した不朽の超大作漫画三国志』。

約1800年前の中国を描いた歴史漫画の登場人物たちが「(KPIってなんだ?)」「そこは分散投資で!」「なるほど、MBOか…」といった“日経語”を口にしているという“そこはかとない”面白さが、この広告が持つ最大の魅力でしょう。ギズにも馴染み深い「なるほど、VRか…」なんてワードもありましたよ。

20161221gizmodo_nikkei_sangoku_02.jpg

横山光輝の『三国志』を読んだことがないという方も少なくないと思いますが、絵面をまったく見たことがないという人も逆に少ないと思います。この漫画を最もよく読んでいた世代がインターネット黎明期の担い手となったことが大きく、ネット文化の中で漫画の画像やセリフの数々がさまざまな形で「利用」されてきた経緯があるからです。

たとえば、「孔明の罠」というフレーズを聞いたことがある人は多いでしょうけれど、これも元ネタは三国志。他にも非常に多くのバリエーションがある「げえっ!」や「むむむ」のコマは活用されることが多く、「そんなものはない」「とてもつらい」といったシンプルなセリフも、定番のネタでしょう。

しかし、一周回って、ここで別の問題が。

ところで『孔明の罠』って、何?

そもそもの疑問も聞かれるようになってきました。無理もありません。今回はまず、その疑問に答えていきましょう。

そもそも三国志ってどんな話?

20161221gizmodo_nikkei_sangoku_03.jpg

横山光輝著『三国志』は1971年〜1986年まで連載していた漫画作品です。来年には、連載開始から45周年を迎えます。そこで描かれている中国は西暦184年から263年という約1800年前の100年弱。

ざっくり言うと、漢王朝が無能な皇帝の下で滅亡の危機に陥る中で、新世代の英雄たちが次々に出てきて起こる群雄割拠の時代から、やがて魏(ぎ)・呉(ご)・蜀(しょく)という「三国」が成立して、という戦いの時代を描いています。

中でも蜀を建てる劉備(りゅうび)とその仲間たちが物語の主人公。劉備を筆頭に、魏の実質的な建国者である曹操(そうそう)を始めとするライバルとの戦いを、ダイナミックな筆致で描き出した群像劇、大河ドラマです。全60巻に達するボリューム感からも、その物語の壮大さはイメージしていただけるのではないでしょうか。

三顧の礼や苦肉の計(策)、破竹の勢いなど、現代でも当たり前に使われることわざも、『三国志』の時代より使われていたもの。その影響力は計り知れないでしょう。

ここからは、ネットスラングにもなっている三国志のコマを紹介します。

『待て あわてるな これは孔明の罠だ』

20161221gizmodo_nikkei_sangoku_05.jpg
横山光輝『三国志』 55巻 P.54より

大変に有名なセリフですね。「孔明」とは、作中半ばから蜀に加わる名軍師、諸葛孔明(しょかつこうめい)のこと。

人の心を読んで操り、さまざまな罠にハメる知謀の士として描かれる孔明は、劉備の敵となった相手を毎度のように巧みな知略によって出し抜き、勝利に導く活躍を見せます。

そして、しゃべっている方は魏の将軍・司馬懿(しばい)。後にお孫さんが天下を統一して晋王朝を作るという歴史上のキーマンにして、作中屈指の切れ者です。ただし、孔明を相手にすると話は別で、しばしば騙されて危機一髪に陥る、やられ役になってしまいます。

三国志のハイライトの一つ、『孔明の北伐』に際して出てきた「待て あわてるな これは孔明の罠だ」というセリフは、そんな負の経験値が蓄積された結果として出てきた言葉と言えるでしょう。実際に罠があるかも分からないのに、罠を警戒して身動きが取れない司馬懿の様子は、どこか滑稽でいながら確かにシリアスという横山漫画の真骨頂のような名場面です。

「孔明の罠」という言葉自体は司馬懿に限らず、曹操など孔明の敵に回った複数の武将が口にしており、余計に読者にとっては印象に残るフレーズとなりました。

これが日経の手にかかると…

20161221gizmodo_nikkei_sangoku_4.jpg

ダイバーシティ、ダイバーシティ、ダイバーシティ…」。ダイバーシティは、性別や人種、学歴などを問わず、多様な人材を活用しようという考え方。将軍の悩みもずいぶん現代的になりました。

『だまらっしゃい』

20161221gizmodo_nikkei_sangoku_07.jpg
横山光輝『三国志』 24巻 P.29より

こちらが「罠」でおなじみ、神算鬼謀の人、孔明です。

孔明が使者として「呉」の君主・孫権(そんけん)のところに単身乗り込み、曹操との開戦を促す場面です。孫権の側近たちは軒並み降伏を促す中で、孔明が片っ端からその主張を論破していくという三国志屈指の名場面です。

だまらっしゃい」という言葉も非常にインパクトがあるのですが、普段は静かな様子の孔明がカッと激昂したかのように喋り出したこと自体にパワーのある一コマです。

孫権は内心で降伏しようかなと思っていたようですが、孔明に煽られまくって開戦を決意。映画『レッドクリフ』にも描かれた有名な『赤壁の戦い』を起こして、曹操の大軍を打ち破り、三国時代への扉を開くこととなります。

こちらも日経の手にかかると…

20161221gizmodo_nikkei_sangoku_04.jpg

日経電子の版」。どストレートです。

『げえっ』

20161221gizmodo_nikkei_sangoku_08.jpg

横山作品の定番セリフ「げえっ!」ですが、ビジュアルインパクトと合わせて、強烈な緊迫感を読者の心に呼び起こさせてくれます。

ここで大写しになっている顔面刀傷の男は張飛(ちょうひ)。蜀の君主である劉備とは義兄弟の誓いを交わした仲で、「1人で1万人を相手にする」と評された無類の豪傑です。作中でも1、2を争う強キャラなのですが、兄貴大好きが過ぎて、しばしばトラブルメーカーになり、よくも悪くも物語を動かす役回りとなっています。

そんな張飛が「下方修正!」と言う、そこはかとない可笑しさも。張飛は相棒の“ヒゲ”関羽と共にTVCMにも登場。らしさ爆発の猪突ぶりを見せています。

20161221gizmodo_nikkei_sangoku_09.jpg
横山光輝『三国志』 21巻 P.173より

実は元のコマは「げぇっ!」ではなく、「許せん なんたる 無礼 なんたるごう慢」という何でもないコマ。あえて作中のセリフである「げぇっ!」を使うあたりに、日経の三国志に対する愛が伝わってきます。

ちなみにこちらがTVCMです。CMの声を当てているのは、いずれも超有名声優。特に公表はされていないですが、なんとなく聞き覚えのある声が。誰だかわかりますか?

なぜ日経は三国志を起用したのか?

20161221gizmodo_nikkei_sangoku_10.jpg

日経の中の人によれば、今回の広告では、お堅い新聞というイメージを打破したかったとのこと。

日経電子版が「皆さんの懐にある孔明(=知恵袋)でありたい」、そして「どの学校の図書室でもお馴染みの蔵書である『三国志』のように日経もなりたい」という願望も込めながらの広告展開だったそうです。

ちなみに、日経の中の人のお気に入りは「えっ、エビデンスないの?」とビックリする蜀の将軍・王平(おうへい)の一コマ。

元のコマでは、現場たたき上げの将である王平が、机上の空論を振りかざす司令官にビックリしてツッコミを入れるワンシーンなので、そのまま漫画に載せても普通に読んでしまいそうな一枚です。

20161221gizmodo_nikkei_sangoku_11.jpg

今回の『三国志』を使った広告看板、たとえば曹操とその部下が「これからは」「働き方改革」と語り合う一枚は、まさにそれに取り組む官公庁が集まる永田町駅に掲示されるなど、いろいろと隠されたテーマが込められています。気になる人はその狙いを探りながら見てみるのも面白いかもしれません。

ただし、迫力満点の広告を注視する余り、「孔明の罠」にハマって階段やプラットフォームを踏み外したりすることのないよう、くれぐれもお気をつけください。

source: 日経電子板

image by ©光プロダクション

(川端暁彦)

あわせて読みたい

powered by