1000光年先の惑星の雲、ルビーやサファイアでできている?

1000光年先の惑星の雲、ルビーやサファイアでできている?



いろいろな意味で、キラッキラの星。

地球から1000光年ほどの距離に、木星に似た太陽系外惑星「HAT-P-7b」があります。4年以上分の観測データを分析した結果、この星の雲がルビーやサファイアと同じ鉱物でできているらしいことがわかりました。

イギリスのウォーリック大学の天文学者はケプラー宇宙望遠鏡による2009年から2013年の観測データを使い、HAT-P-7b特有の気象パターンを特定しました。彼らの発見はNature Astronomy最新号に掲載され、太陽系外惑星に関する貴重な知見を伝えています。

Space.comによると、研究チームは観測の中で、HAT-P-7bの明るい部分がつねに移動していることに気づきました。「このような変化は気象パターンの有力な証拠となりうる」と研究チームを率いるDavid Armstrong氏は言います。

この惑星は恒星からの距離が非常に近く、公転周期は2.2日しかありません。また惑星の片面がつねに恒星側を向いている「潮汐固定」の状態なので、恒星側の表面温度は摂氏2,500度を超えています

Armstrong氏はプレスリリースで、「惑星の冷たい夜側で雲ができ、熱い昼側ですぐに蒸発していると考えられる」としています。温度が高いと同時に強く変化の激しい風が吹いていて、遠くから見る分にはきれいでも、その上に生物が住めるような環境ではないようです。

そしてその雲の成分も、地球とはまったく違うもののようです。HAT-P-7bの雲には、酸化アルミニウム、別名コランダムが多く含まれているものと考えられています。コランダムに不純物イオンが組み込まれて赤や青になったものが「ルビー」とか「サファイア」、ということは、この星の雲にはルビーとかサファイアが入っているんですかね。

地球から1000光年も離れているので、HAT-P-7bにちょっと出かけてルビーやサファイアを収穫して地球で売りさばく、とかは当面無理そうです。でもきっと次世代の宇宙望遠鏡の精度はさらに上がっていくので、その雲からどんなキラキラの雨が降るのか、確かめてみたいですね。

もっと読む:
宇宙GIFが盛りだくさん! GiphyにNASAのページができた
月面は想像以上に危険! 予想外に降り注ぐ隕石のインパクトを検証

image by Warwick University
source: Warwick University, Nature Astronomy, Space.com

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(福田ミホ)

あわせて読みたい

powered by