アダルトビデオをダウンロードさせ、著作権で脅して金を巻き上げ続けた弁護士が御用に!

アダルトビデオをダウンロードさせ、著作権で脅して金を巻き上げ続けた弁護士が御用に!

恥ずかしくて金を払わざるを得なかった…?

うっかりエッチなコンテンツにアクセスしてしまった後、「これは有料なので支払いなさい」なんてメッセージが表示されて慌てた経験って、インターネットユーザーの多くがお持ちではないでしょうか。でも、そんな病ましいものにアクセスしただなんて相談できなくて、おとなしく支払ってしまうというケースも少なくないそうですね。

The Vergeによると、こうした心理を逆手に取り、米国で大儲けしていた弁護士たちがこのほど米司法省によって裁かれたそうですよ。その巧妙な手口が明かされています。

米司法省の発表では、著作権保護に詳しい弁護士としての経験を利用して、まず本当に著作権があるアダルトビデオを次々と買い占めます。それを自らPirate Bayなどのファイル共有サイトにアップロードしては、わざとダウンロードさせ、著作権を侵害したと脅して、多額の金を巻き上げていたようです!

Paul R. HansmeierおよびJohn L. Steeleは、どちらもプロの弁護士ですが、自分たちは絶対に表に出ないようにペーパーカンパニーを設立。アダルトビデオの著作権はこちらに買い取らせ、アップロードした後の恐喝には、Prenda Lawという別の法律事務所を用いました。まさか同一人物がアダルトビデオを買い取って、そのまま横流しで著作権侵害を申し立てているとは思いもせず、まんまと脅されたユーザーたちは調停金を支払っていたとのこと...。

米国では、もし著作権侵害を申し立てると、その侵害されたコンテンツをダウンロードした人のIPアドレスから、個人を特定できる情報が開示される著作権保護プロセスが用意されています。どうやら2人は、この手法で、次々と仕立てあげたアダルトビデオのダウンロードユーザーを特定し、速やかに和解のための調停金を支払わなければ、個人情報をさらしたうえに訴えると脅し続けたとされていますよ。

こんな手口だとは知らず、こっそりファイル共有サイトでエッチなビデオをダウンロードしたはずが、その詳細をつかまれて脅されてしまったユーザーは、平均して4,000ドル(約47万円)もの和解金を支払っていたんだとか。もし本格的な裁判となれば、15万ドル(約1700万円)の罰金が科せられるとの口説き文句が功を奏し、ほとんどが素直に支払いに応じていたため、わずか5年で2人は600万ドル(約7億円)をせしめることに成功したとされていますね。

なお、一連の捜査では、脅されたユーザーが本気で裁判に持ち込んで抗戦する姿勢を見せたとき、手口がバレるのを恐れて、2人は訴えを取り下げてきたことも明らかになっています。最初から怪しいものをダウンロードしないことに限りますけど、変な取引には応じず、徹底的に法の裁きを受けて闘ったほうがよい場合もあったりするのかもしれませんよね。

image by WHYFRAME / Shutterstock.com

source: Justice Department via The Verge

Rhett Jones - Gizmodo US[原文
(湯木進悟)

あわせて読みたい

powered by