今度こそ戦争だ。映画『猿の惑星:大戦記』インターナショナル予告編

今度こそ戦争だ。映画『猿の惑星:大戦記』インターナショナル予告編

ついに人間とエイプの全面戦争の火蓋が切って落とされるーー。

先日公開された新『猿の惑星』シリーズの最新作『猿の惑星:大戦記』のトレイラーに続いて、インターナショナル版トレイラーがアップされました。

今回はシーザー目線ではなく、戦いの様子に焦点を置いたものになっています。さっそくご覧ください。

Geektyrantが紹介したのはWe Got This Coveredがアップしたインターナショナル版トレイラーです。

シーザーは滝の裏からウッディ・ハレルソン演じるコロネルを攻撃する前に、密かにやりとりを盗聴していたようですね。怒りにまかせて飛びかかりますが、結局は捕まってしまい、銃口を額に突きつけられてしまいます。

残忍なコロネルと非情にならざるおえないシーザー。全面戦争の結果はご存知の通りですが、ふたり(?)がどんなバトルを繰り広げるのかーー、というかハレルソンのキレッキレの演技を見るのが楽しみでしょうがありません!

昔からイっちゃってる役をやらせたらピカイチでしたが、マシュー・マコノヒーとW主演の『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』でその演技力を絶賛されたように、最近はさらに磨きをかけていますからね。

リブートシリーズの第3作目という難しいポジションでありながら、前2作よりも良さげな映画『猿の惑星:大戦記』は2017年7月14日に米国で公開予定です。

もっと読む:
本物のHAL 9000が! ピーター・ジャクソン監督の隠れ家を訪問
エイリアンやグラボイズを演じたクリーチャー・パフォーマー
リメイク映画とオリジナルを並べて比べてみたよ

(C) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation

image by YouTube
source: Geektyrant, YouTube

中川真知子

あわせて読みたい

powered by