空港で見捨てられた大きなテディベア、TSAが冗談まじりにインスタ投稿→その後...

空港で見捨てられた大きなテディベア、TSAが冗談まじりにインスタ投稿→その後...

旅先でのショッピングは、誰にとっても特別なもの。

それでもやっぱりオトナになると、どうしても冷静に考えなければならないことがあります。これは果たして、飛行機で持って帰れるのか、と。

スーツケースには入らず、機内にも持ち込めない...そんな悲しい運命を迎えることになったのが、こちらの大きなテディベア。アメリカ運輸保安局(TSA)は「持ち主に見捨てられ、お腹がすいたクマ」なんてバックストーリーをつけてInstagramに画像を投稿しました。

TSAさん(@tsa)が投稿した写真 -

この大きなテディベアが悲しそうに見えるのは何故でしょう。ロサンゼルス国際空港で持ち主に見捨てられ、機内持ち込み手荷物としては大きすぎて一緒に飛行機に乗れないと判断されました。航空会社の荷物サイズ超過ルールは事前に確認しておくのが賢明だといえます。もしLA市内で彼を見かけることがあれば、どうか彼に食べ物を与えてあげてください。#TSATravelTips

Instagramには「かわいそうなクマ」とか、TSAの心無い対応を嘆くコメントが大量に寄せられました。米Gizmodoも「TSAのソーシャルメディアをチェックすると2016年の締めに悲しいニュースが流れてくるよ」と、批判的な見解を示しました。それもそのはず。飛行機に持ち込めるものを制限することは安全のためだけれど、こうした制限によって、買ったばかりのものを持ち込めずに捨てるはめになったり、個人的に苦い思い出があるという人も少なくないはずなのだから。

米GIzmodoで記事が公開された後、TSAから「このテディベアが大きすぎることからX線検査装置を通過できず、適正に検査できなかった」ことを説明するメールが届いたそうです。たしかにこのクマが特大サイズなのは明らかで、隣にあるゴミ箱にすら入らないほどであるのもわかります。

さらにその後、このテディベア、実は有名ユーチューバーJake Paulさんのネタだったことが判明したんです。

これを受けてTSAはInstagramにコメントを追記しました。Jakeさんがテディベアを彼女へのプレゼントだと話をねつ造し、テディベア分の搭乗券をあらかじめ購入していたこと、大きすぎると判断されて飛行機に同乗できなかったこと、そして航空会社が彼に搭乗券の料金を返金し、預け荷物として検査をするか尋ねたが、彼はテディベアを手放すことを選択したこと...。

ユーチューバーのネタとは知らずに公的機関が軽いジョークをSMSで発信して炎上する...。さすがソーシャルメディア時代といいたくなる出来事です。せめてこの大きなテディベアは、このまま捨てられずに寄付されて誰かに大事に扱われて「幸せに暮らしましたとさ。めでたし、めでたし」と、なってほしいものです。

top image: TSA
source: TSA, Jake Paul

Matt Novak - Gizmodo US [原文
(Rina Fukazu)

あわせて読みたい

powered by