地球で最も古い、約20億年前の水が発見される

地球で最も古い、約20億年前の水が発見される

地球最古の水。

カナダの鉱山で、約20億年前の水が発見されました。この水は、これまで発見された中で最古の水となり、この水を研究すれば、地球や他の星での生命の出現についての理解を広められるかもしれないと言われています。

オンタリオ州ティミンズにあるキッドクリーク鉱山の地下1.5マイル(2.4km)で原始の水を発見したのは、トロント大学の研究者チーム。先日サンフランシスコで行なわれたアメリカ地球物理学連合の会合では、地球科学者Oliver Warrさん率いる同チームがこの水について発表を行ない、この調査については今後のNature誌に掲載される予定です。

3年前、彼らは同じ鉱山で15億年前の水を発見しています。そして今回はもっと掘り下げて、地球がまだ誕生から25億年しか経ってなかった頃の水たまりを見つけたのです。驚くべきことにこの古代の水は、地球科学者たちが想定していたように岩盤に埋め込まれていたわけでなく、惜しみなく流れていたそうです。

BBCの取材で「人々はこの水について、岩の中に閉じ込められたごく僅かな量に違いないと考えるものです」と語った、トロント大学の地球科学者Barbara Sherwood Lollarさん。「でも実際は、上へと湧き上がっているのです。毎秒何リットルも流れ出ていて、水の量はみんなが予想していた量よりもかなり多い」と続けています。

20億年前の水を化学分析したところ、微量のヘリウム、アルゴン、ネオンそしてキセノンが検出されました。これらのガスは時間をかけて水中に溜まるので、科学者たちはそれを元に水の年齢を算出したのです。水中には微量金属と塩(海水の約8倍)も含まれていて、CBCの記事によれば、Warr氏が「飲んだとしても死ぬことはないけど、とても気持ち悪い味がするだろう」とコメントしています。

地球で最も古い、約20億年前の水が発見される2
太古の水は文字どおり、岩から湧き出ていました(image: G. Wunsch/University of Toronto)

BBCによれば、水中にはかつてそこに生息していた単細胞生物が残した化学的な痕跡があるとのこと。カナダ楯状地の地下深くにあり、生命を維持することができた20億年前の水のことを、研究者たちは「相互につながった流体のシステム」と表現しています。LollarさんがNational Postに語ったところによれば、「私たちは、地上のまったく新しい水圏を目にしているという事実をゆっくりと理解し始めているところ」なんだとか。

地球で最も古い、約20億年前の水が発見される3
これが20億年前の水の姿(image: J. Moran)

最古の水のさらなる分析によって、20億年前の地球の大気の状態や、これほど地下深くにどのように生命が存在していたのか、そして他の惑星ではどのような生命を期待できるのかといった点について、何か新しいことがわかるかもしれません。

168年前に北極海で消えた船が完全な状態で発見される
タイムカプセルから121年前のウィスキーが発見される

top image: University of Toronto
source: CBC, BBC, National Post

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(たもり)

    あわせて読みたい

    powered by