宇宙では人間の目も心臓も変化してしまう

宇宙では人間の目も心臓も変化してしまう

人生で一度は行ってみたいけど…。

宇宙に行くのってどんな感じなんだろう?って誰もが考えたことありますよね。それに今は一般人が宇宙に行くことは単なる妄想ではなくなってきています。でも、地球に住むための機能しか持たない私たちの身体は、宇宙に行くと一体どうなってしまうんでしょうか

科学や歴史などをアニメーションでわかりやすく説明してくれるLife NogginのYoutubeチャンネルには、宇宙での身体への影響についての動画がありました。

まず最初に、体重や重力を支える必要がなくなった骨がだんだんもろくなってしまいます。地球に帰ったら骨折しやすくなるそうです。その次は足と腰の筋肉。こちらも無重力で使う必要がなくなるので、しだいに弱くなってしまいます。宇宙滞在中にはランニングマシーンなどで鍛えましょう。

そして、なんと目と心臓にも影響があるんです。目の後ろ側は平らになってしまい、心臓は丸っこくなってしまいます。心臓の変化は、宇宙で血が少なくなるのが要因かもしれません。なので、地球に戻ったら貧血で倒れてしまう危険があります。

宇宙に行くのはすごい経験ですが、それと引き換えに体が大変なことになりますね。それでもやっぱり行ってみたい...。片道切符だけを持てばいいのかな。

宇宙で暮らすと背が伸びる…でも腰痛は深刻になって戻らない地球を離れた宇宙飛行士、心疾患での死亡率が5倍と判明

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文
(岩田リョウコ)

あわせて読みたい

powered by