iMacの新モデル、30万円超でVRに初対応か?

iMacの新モデル、30万円超でVRに初対応か?

最強のデスクトップへ!

もっとも2017年に楽しみなのは、Appleによる2年ぶりの「iMac」の大刷新なんて期待しているユーザーは少なからず存在しています。このほど米国ラスベガスで開催されたCESにて、IntelがKaby Lake世代のプロセッサーの詳細を明らかにしたことで、いよいよ新iMacの発売へと大きく近づいたことが複数メディアによってリークされたとEnstarsが伝えていますよ~。

まずは2017年モデルのiMacの発売時期ですが、Kaby LakeのCPUを搭載するチップセットの供給時期からして、予想されていた今春のリリースはないとの見方が強まっているようです。早くても今年7月の発売となり、2017年後半に話題を呼びそうなモデルと位置づけられる可能性が高いんだとか。

しかしながら、発売がずれ込むことで、かなり豪華なスペックも予測されていますね。たとえば、メモリは32GBが標準となり、AMDが開発する最新GPUの「Polaris 10」も噂どおりに搭載される模様です。Polaris 10は、グラフィックス性能を大幅に向上させつつ、低消費電力かつ発熱を抑える仕上がりになっていくでしょう。なによりも驚きなのは、このGPUのパワフルな性能により、ついにMacでのVR対応が果たされるという新たな噂まで飛び出しましたよ…。

なお、大幅に刷新されたスペックのおかげで、iMacの予想販売価格は、日本円にして優に30万円を突破する3,200ドルからの設定になるとの情報まで流れています。現行のiMacは、27インチの5Kディスプレイがウリでしたけど、ただRetinaディスプレイが美しいというだけではおさまらない、魅惑のハイスペックiMacの発売に備えて、いまからお金を貯めておいたほうがいいかもしれませんよね。

最強のスタバドヤァを実現。iMacの持ち運びバッグが登場
【わかりにくいっ!】 Intelのプロセッサーが名前を変更、これからは「i」も「M」も「i」に

image: Apple
source: Enstars

(湯木進悟)

あわせて読みたい

powered by