Adobe「声で画像を編集する」未来技術のコンセプト動画を公開

Adobe「声で画像を編集する」未来技術のコンセプト動画を公開

あ、ちょっと試してみたい。

画像編集ソフトといえば、小さくてわかりにくいボタンをポチポチ操作する面倒くさい作業…という印象がありますよね。でもクリエイティビティ業界の雄ことAdobe(アドビ)は、「声で画像を編集する」という新たなコンセプトを練っていたんです。

Android Policeが紹介した今回の技術、Adobeはそのコンセプト動画を公開しました。ひとりの男性が、タブレット端末に向かって話しかけています。

ボイスコマンドスイッチを押してから、「画像をスクウェア(正方形)にして」「左右を反転させて」「あ、今のナシ」「よし、Facebook(フェイスブック)に投稿して」などと、テキパキと操作を声で吹き込んでいきます

見ていると、なかなか軽快そうですね。画像編集ソフトの複雑な操作体系を覚えるよりは、声のほうがむしろ早いかもしれません。

Adobe Researchチームが公開した「intelligent digital assistant photo editing」というこのコンセプト、残念ながら製品化などの予定は不明です。しかし同社は人工知能Adobe Sensei」を発表しており、コンピューター上、あるいはクラウドを利用した自然言語の理解コマンド操作に関する研究も進めているのです。この研究をベースに開発されるとすれば、登場するのはそこまで遠くはないのかも?

将来はキッチンで料理をしながら、声で画像を編集してSNSに投稿する…そんな日がくるのかもしれませんね。

声のPhotoshop「VoCo」は、発言のフォトショを可能にする

image by Adobe - YouTube
source: Android Police, Adobe - YouTube, Adobe

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by