もしアートではなかったとしても凄まじい、MMAのベストKO集2016

もしアートではなかったとしても凄まじい、MMAのベストKO集2016

鍛錬した技術と力の表現。

MMA(Mixed Martial Arts、総合格闘技)のリングで活躍する格闘家たちは、日々過酷なトレーニングを行い、リングの上で人間業とは思えないパワフルかつ華麗な動きで戦い、ファンたちを沸かせています。

今回はそんな格闘家たちが魅せた、2016年のベストKO集をお楽しみください。

こちらはThe Awesomerが取り上げた、Redditユーザーsinjinnnの動画でした。

MMAでは拳だけでなく肘も膝も蹴りも使えますし、それがアゴを捉えた時のダメージは相当なもの。両手ブラリ戦法から、カウンターを狙ったマイケル・ペイジの飛び膝蹴りは、この動画の中で最も華麗なシーンかもしれません。

『ポケモン』や『ドラゴンボールZ』が大好きで有名なロンダ・ラウジーの衝撃的なKO負けも入っていますが、女性格闘家が激しい攻防を繰り広げるのも見どころでしょう。

ボクシングが良い例ですが、世の中には格闘技を芸術としてとらえる傾向があります。しかし、格闘技を芸術とは認めない人たちがいるのもまた事実。

先日、ハリウッド女優のメリル・ストリープゴールデン・グローブ賞受賞式の演説にて、「アートとは名ばかりのMMAぐらいしか、見るものがなくなっちゃいますよ」と言及し、総合格闘技団体UFCのダナ・ホワイトTMZ Sportsを通して、ベラドールのスコット・コーカー自身のTwitterから反論しました。

お高くとまった、80歳のおばあさんは間違っている。

メリルさん、私はあなたのファンでもあり、格闘家でもあり、MMAのプロモーターでもあります。世界の男女が肉体を鍛え、人生を賭けて戦うのは立派な芸術です。ぜひ一度見に来てください。

この論争にKO決着はないかもしれませんし、仮にアートだと認められなかったとしても、MMAが凄まじいスポーツであることには変わりません。

もっと読む
ボクシング史上最高のK.O.シーン集。『チャンピオンシップ・ボクシング』過去30年の歴史より
股間蹴り防衛の世界記録保持者(たぶん)
「WWE LIVE」に見た、映像配信サービスと生観戦の今

image: Reddit
source: Reddit, The Awesomer, Twitter1, 2

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by