自転車の電力不足を解決できる? チェーン式ダイナモ登場

自転車の電力不足を解決できる? チェーン式ダイナモ登場

バッテリー足りないよ問題を解決できるでしょうか。

ロングライドにはマップアプリが便利ですし、スマホをサイコン代わりに使うこともできます。そう、自転車×スマホの組み合わせは快適です。

しかし、ナビ利用をしているとギュンギュン電池が減っていき、気がつけばスマホがハンガーノック状態…絶望です。そこでバッテリー切れを根本的に解決しましょう。発電すればいいのです!

サンコーレアモノショップによれば、サンコーから発売された「チェーン式自転車USBダイナモチャージャー」は、チェーンに取り付けるタイプのダイナモ発電機です。

161226chak01.jpg

ペダルを漕いで作られた電力は1000mAhのバッテリーに充電され、その後出力されます。出力は5V/500mAhなのでスマホへの充電なら問題なさそうですよね。発電量は5〜15km/hで100〜300mA、20〜30km/hで400〜600mA、30〜km/hで700〜900mAとなります。

IPX4の防水なので不意の降雨でも大丈夫。ロングライドや毎朝チャリで通勤・通学しているという方は朝にちょっと充電できるというのは便利でしょう。

そして気になる負荷ですが、「チェーンに取り付けることで負荷はほとんど無く、普段通りに走ることができる」とのこと。

この「ほとんど」がどの程度なのかは、実際に取り付けてみないと何とも…ですけどね。また、気になるのは一部のギアでは利用できなくなる場合もあるとのことです。スポーツ用自転車ですとフロント・リアの組み合わせによっては変速が封じられてしまうこともあるかもしれません。

ううーむ、悩ましい! 価格は4,980円。気になる重量は250gです。

もっと読む
もしや機内にも持ち込める? コンパクトすぎる折りたたみ自転車「Kwiggle」
ライドのすべてを記録する。Cerevoの自転車用IoTセンサー「RIDE-1」

image: サンコーレアモノショップ
source: サンコーレアモノショップ
(小暮ひさのり)

あわせて読みたい

powered by