これは製品とテクノロジーの窃盗だ。CES 2017でRazerの3画面4Kラップトップが盗まれた!

これは製品とテクノロジーの窃盗だ。CES 2017でRazerの3画面4Kラップトップが盗まれた!

ゆるせない。絶対に!

CES 2017を賑わせたRazer。3つの4K液晶を備えたラップトップ「Project Valerie」は素晴らしいコンセプトとして、さまざまなメディアの注目を集めました。当然ギズモードも思わず身を乗り出して食いつきました。これはすげえ!と。

【CES 2017】 ゲームセンターが家にきた! 4K/3画面搭載ラップトップ、Razer「Project Valerie」の威力を見よ

でもCESが終わってみて、RazerのCEOMin-Liang Tanが自身のFacebookに投稿したのは、とんでもない発表…。なんと、窃盗です。CES 2017で発表したプロトタイプが盗まれたというのです。

CES 2017には3画面4K液晶ラップトップ「Project Valerie」と、プロジェクター「Project Ariana」の2製品を発表していましたが、どうやら盗まれたのは「Project Valerie」のほうで、2017年1月8日の午後4時ごろ、2台がRazerのプレスルームから盗まれたようであるとのこと。

ガチなゲーマーなら絶対に欲しくなるはずの1台。

ギズの記事にもある通り、そういったスペシャルなラップトップなので、喉から手が出るほど欲しいのもわかります。しかし、これは単に商品を盗まれたのとはわけが違います。今回展示されていたのはプロトタイプです。物品的な損害だけでなく、そこに詰まっているテクノロジーや、コンセプト、イノベーション。あらゆる努力やアイデアが盗まれたのです。

こうなると単に、そのプロダクトに見せられた人物のしわざというだけでなく、産業スパイの仕業である可能性も否定できません。なお、SOFTPEDIAによると、Razerは2011年にもゲーミングラップトップ「Razer Blade」のプロトタイプがラボから盗まれる事件があったようです。同一犯とは考えられませんが、その技術を欲しがっている人物は多いということなのでしょう。

今回の事件についてRazerの関係者はすでに、CESの代表者や法執行機関と協力して調査を開始。さらに犯罪容疑者の身元確認、逮捕、有罪判決に至るまでの有力な情報には2万5000ドルの報酬を用意しているとのことです。

悪は…許さん。

image: Razer
source: Min-Liang Tan(Facebook), SOFTPEDIA, Razer

(小暮ひさのり)

あわせて読みたい

powered by