飼い主の「ワンちゃん言葉」に犬はうんざりしてる?

飼い主の「ワンちゃん言葉」に犬はうんざりしてる?

ヒトの赤ちゃんをあやすように、否、それ以上に甘ったるくデレデレの「ワンちゃん言葉」で愛犬に話しかける飼い主。子犬はともかく、成犬はそんな親バカな飼い主を、実はさめた目で見ていた...という衝撃の事実が、科学的に証明されました。

フランスはリヨンのサンテティエンヌ大学で音響コミュニケーションを研究するNicolas Mathevon教授は、子犬・成犬に関わらず、赤ちゃんに話すような「ワンちゃん言葉」が犬に向けられたとき、通常の言葉遣いよりも効果的に犬の注意を引き、行動に影響を与えるかどうかを調べる実験を行ないました。イギリスの学術専門誌The Royal Society Publishingに、その結果を公表しました。

この研究のために、Mathevon教授はボランティアを募集し、さまざまな年齢の犬の写真を見せ、「ハーイ! 誰がいい子かな? かわい子ちゃん! なんていい子ちゃんなんでしょう!」などなど、ワンちゃん言葉の数々を発音してもらった。 そして、録音された音声の質を分析し、ワンちゃん言葉と通常の言葉遣いを取り分けます。こちらがその音声サンプルです。

この2種類の録音を、40匹以上のさまざまな年齢・犬種の犬たちに聞かせてみました。録音は高性能スピーカーで再生され、人間の声を忠実に再現。 ジェスチャーや視覚、匂い、あふれる愛など、コミュニケーションにまつわる雑多な要素が、純粋に音声や言葉による実験に影響を与えないよう、あえて人間と犬との直接の交流は行なわれていません。

170112Mathevon.jpg

人間はすべての犬に対してワンちゃん言葉で話しかけ、その音声の質は、子犬向けにトーンが高くなる以外、一貫して変わらないそうです。子犬は、しきりにスピーカーを見つめたり近寄るなど、ワンちゃん言葉に強い反応を示したけれど、通常の音声には無反応でした。

成犬と老犬の場合は、通常の音声にもワンちゃん言葉にも同じ反応をせず、スピーカーから出てくる単語をほとんど無視。って、そ、そんな!

170112his_masters_voice.jpg

実はこの研究、「犬についてよりも、人間の行動について多くを物語る」もの、とMathevon教授は実験の成果を解説しています。

人間が犬に話しかけるときに発話パターンを変えるには理由があります。それは単に犬がカワイイからではなくて、 「人間の行動様式、接し方を、犬に差し向けている」から。 私たちは、この種の発話パターンを、言葉を話さない相手と関係性を築くために使っているということを、この研究は示唆しています。

つまり、赤ちゃんに限らず、言葉を返せない相手、あるいは、相互に会話を交わすのが困難な相手と話すときに、この種の言葉を使う、というわけ。お年寄りと話すときに、赤ちゃん言葉になることもよくありますよね。

また、教授は、「人は相手が理解できると思われる方法に適応しようと努める」点を強調。 赤ちゃん言葉であやすと赤ちゃんの反応が良くなり、どんどん言葉やコミュニケーション能力が発達します。同様に、成犬に対しても人がワンちゃん言葉で話しかけるのは、主に「言語を持たない相手」との相互の関係性を円滑にするための自発的な試みとして、このような音声パターンを使っているからなんです。

今後のステップとしては、「ワンちゃん言葉」の音響的特徴を調べ、なぜ子犬がこれほど反応するのかを理解することだそう。猫の飼い主も「ネコちゃん言葉」を使うのか、また猫がそれに反応するかどうかも確認したいとのこと。

「猫がそんなものに反応するわけないじゃん」ってネコ派は口を揃えるかもしれませんが、やってみなければわかりません。科学は猫についてどんなサプライズを用意しているのか、実験結果に興味津々ですね。

この動物、アレで表現されているんです。人間と自然とアートが融合した世界

top image: Jim Cooke
source: The Royal Society Publishing

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(Glycine)

あわせて読みたい

powered by