セキュリティーがザルな古いAndroidスマホを手放せないドナルド・トランプ大統領

セキュリティーがザルな古いAndroidスマホを手放せないドナルド・トランプ大統領

ツッコミ待ちしてるとしか思えないトランプ大統領。

先日、The New York Timesのインタビューにて、スタートしたばかりのホワイトハウスでの暮らしぶりを語ったドナルド・トランプ大統領。ホワイトハウスにある電話のことを「今まで使ったなかで最も美しい電話」と評し、さらに「世界屈指のセキュリティーの電話」とジョークを飛ばしていました。この軽いジョークが、まさか超ブラックユーモアになってしまうとはね…。

ホワイトハウスの電話はさておき、トランプ大統領自身が使っているAndroidのスマートフォンは、セキュリティーがザルの古い端末だというのです。

【セキュリティーがザル】トランプが共和党のプライベートメールサーバーのアカウントを使っていたことが発覚!

先週、同じくNYTが報じた就任式前のトランプ大統領の様子の中で、「自身のAndroidを、シークレットサービス承認済みのハイセキュリティーと交換した」とあります。この自身のAndroidというのが、トランプ砲発射端末とみられ、ネットユーザーによって、たぶん2012年発売のSamsung Galaxy S3だろうと特定されています。が、交換したはずのこの端末、どうやらまだ使っているようなのですね。

ここから、ちょっとややこしい話になりますが、レトロAndroidをまだ使っていると思われるのは、先述のNYTのインタビューが発端。米国現地時間で1月25日、水曜日に公開された同記事。文中に、「就任後、メラニア夫人が息子とともにニューヨークに戻ったため、トランプ大統領はスマホをいじりつつ…」というくだりがあります。ここに最初に書かれていたのは「古い、セキュリティーのないAndroid端末」という文章。しかし、これが編集ミスだとして「新しいAndroid端末」に修正されていたのです。

以下、編集トラッキングサイトNewsDiffsのスクリーンショットです。

170127oldunsecuredphone.jpg

その後、再び「古い、セキュリティーのないAndroid端末」に書き換えられ、現在は、「古い、セキュリティーのないAndroid端末」で落ち着いています。米Gizmodoの取材に対して、NYTは再変更の理由は事実に即したためと。ってことは、やっぱりレトロAndroidってことです。

大統領が使う携帯電話端末の話は、もちろんトランプ大統領だけに限ったことではありません。長年Blackberryを使っていたオバマ元大統領ですが、昨年、スマートフォンにチェンジ。といっても、使える機能は限られています。Twitterはもちろんテキストメッセージすらできない端末です。機能を減らし、必要なコミュニケーション使用だけに限ることで、セキュリティーを最大化するというのが狙い。

オバマ元大統領が使っていた端末は、、Ars TechnicaいわくSamsung Galaxy S4。米国防情報システム局が唯一許可している端末だとか。Blackberry時代の2015年、ついに開設された大統領Twitterアカウントですが、オバマ元大統領の初ツイートは、ホワイトハウス職員用に登録されたiPhoneを借りて行なわれました。なんでもかんでもはできない、機能を制限する、それが大統領端末のマスト条件。

大統領のコミュニケーションツールに対するセキュリティー問題は、年々大きくなっています。近年のロシアハッキングニュースによって、それはますます強まるばかり。なのに、国のリーダーであるトランプ大統領自身が、いつものスマートフォンをいじっていては困ったもんだ…。トランプ大統領がTwitter大好きなのは百も承知しています。でも、ほら、今やもう大統領だもん。そこはぐっと我慢よ…。Twitterしたらダメってことじゃないしね。

トランプ大統領チーム、ブッシュ政権でいわく付きとなった共和党メールアカウントを使う

image: Josh Haner/The New York Times
source: The New York Times, NewsDiffs, 、Ars Technica, Twitter

Hudson Hongo - Gizmodo US[原文
(そうこ)

    あわせて読みたい

    powered by