NVIDIA、クラウド経由でGTX 1080が使える「GeForce NOW For Mac and PC」発表

NVIDIA、クラウド経由でGTX 1080が使える「GeForce NOW For Mac and PC」発表

MacBook Airでバリバリの3Dゲームが動いてる!

ラスベガスにて開催された見本市「CES 2017」で、個人的にもっとも楽しみな発表はこれでした。Nvidiaはイベント会場にて、GeForce GTX 1080/1060をクラウド経由で利用できるサービス「GeForce NOW For Mac and PC」を発表しています。

9to5Macによると、GeForce NOW For Mac and PCはクラウド経由でGeForce GTX 1080/1060を搭載した仮想システムが利用できます。つまり、手元のPC/Macのグラフィックス能力が貧弱でも、リッチな3Dゲームが楽しめるんです! 上の動画でも、MacBook Airにてバリバリの3Dゲームを楽しんでいる様子が確認できます。こんな画面、いままでの常識じゃ信じられませんね!

GeForce NOW For Mac and PCの課金方法はクレジット制となっており、GeForce GTX 1080なら10時間ちょいで25ドル(約2,900円)、GeForce GTX 1060なら20時間ちょいで25ドル(約2,900円)とスペックにより異なります。遊べるゲームはSteam、Battle.net、Origin、GOG、Uplayなどさまざまなデジタルプラットフォームに対応しており、ゲームは1TBまでインストール可能です。

このように夢のようなGeForce NOW For Mac and PCですが、一つだけ注意点が。GeForceの公式サイトによれば、ゲームの快適なプレイには25Mbps以上の回線速度が必要だとしています。ADSLだとちょっと厳しいかな…光回線なら多くの場合で大丈夫でしょう!

もちろんデスクトップPCならグラフィックスボードを購入するという選択肢もありますが、最近はノートPCしか持っていない人も多いでしょう。そんな環境でもリッチなゲーム体験を提供してくれるGeForce NOW For Mac and PCは、まさにゲームプレイスタイルの革新とも思えます。なおサービスはアメリカで今年春から提供され、現時点では日本での提供時期は発表されていません

CES 2017:
ゲームセンターが家にきた! 4K/3画面搭載ラップトップ、Razer「Project Valerie」の威力を見よ
ノートPCで無線充電じゃない、ノートPCが無線充電される時代

image: GeForce
source: 9to5Mac, GeForce
(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by