成長から成熟へ。iPhone10周年のこれまでと、これから

成長から成熟へ。iPhone10周年のこれまでと、これから

小さなiPhoneも大きく育ちました。

今では完全に生活に溶け込み、それなしの生活なんて考えられなくなってしまった「iPhone」。その初代モデルが2007年の1月9日に故スティーブ・ジョブズによって発表されてから、今年で10周年を迎えました。

3.5インチディスプレイを搭載した初代iPhoneからiPhone 4、iPhone 5、iPhone 6…とモデルを重ねるごとのその機能は強化され、さらにディスプレイも大型化。最新のiPhone 7/7 Plusでは4.7インチモデルと5.5インチモデルがラインナップされています。

video: Jonathan Turetta

2007年にサンフランシスコで開催されたMacworldでiPhoneが発表された際に、ジョブズが「これはタッチ操作が可能なiPodと革新的な携帯電話、そしてインターネット通信デバイスの統合なんだ」と紹介したのが懐かしいですね。当時の聴衆は「インターネット通信デバイス」のセリフであまり盛り上がっていませんでしたが、今になって思えばその通信機能こそがiPhoneのキモでした。

その後iPhoneは販売台数が10億台を超えるまでのプラットフォームに成長。またハードウェアだけでなく、そのアプリ市場のApp StoreもApple(アップル)に大きな利益をもたらしています。また2010年には初代iPadが、そして2015年には初代Apple Watchが登場するなど、その関連製品もアップルの看板商品となりました。

2016年に登場したiPhone 7/7 Plusは防水機能に対応し、特に7 Plusは革新的なデュアルカメラにより、スマホでの写真撮影の楽しみをさらに広げました。さらに日本で販売されるiPhone 7/7 Plusは「FeliCa」に対応し、これまでiPhoneユーザーが待ち望んでいたApplePayが使えることも大きな特徴です。iPhoneでのピピッと支払いは、何度やっても新鮮でドキドキしてしまいます。

AppleのCEOティム・クック氏はiPhoneの10周年に寄せて、「iPhoneは登場からの10年で、モバイルコンピューティングのスタンダードを築きました。我々は始まったばかりであり、最良はこれからなのです」と語っています。

最近はAndroidスマートフォンも大きく製品の質を上げ、iPhoneを選ぶかAndroid端末を選ぶかはもはや好みといってもいい時代になりつつあります。そんな中でAppleが今後消費者にどのようなアプローチを仕掛けてくるのか、まずは10周年モデルの次期iPhoneで見せてもらいましょう!

AppleがiPhoneの無線充電を計画中? もう噂が始まっているiPhone 8ってどうなるんだ⁉︎

image: Apple
source: Apple, Jonathan Turetta

(塚本直樹)

    あわせて読みたい

    powered by