ゴジラが同世界にいることが確定? 映画『キングコング:髑髏島の巨神』TVスポット

ゴジラが同世界にいることが確定? 映画『キングコング:髑髏島の巨神』TVスポット

海の神、陸の神、ここに集まる。

きました、きましたよ。映画『キングコング:髑髏島の巨神』の最新TVスポットで、ついにコングとゴジラが同じ世界に存在していることを示唆するセリフが登場しました!

こちらはGeektyrantが取りあげた、Warner Bros. PicturesによるTVスポット。

このTVスポットには「1954年に核実験があったが、それは実は何かを殺そうとしていた」というセリフと、海に核を投下する映像が! 「何か」とは間違いなくゴジラのこと。そっか〜、そういう風に繋げるのか。本作でゴジラの存在をほのめかすとは思っていなかったので意外でした。

ということは、2019年に公開予定のハリウッド版ゴジラの続編『Godzilla: King of Monsters』でもなんらかの形でキングコングの存在が確認されるようになるのではないでしょうか。

期待が膨らむ映画『キングコング:髑髏島の巨神』は3月25日から全国公開です。

巨大化が止まらない二大怪獣。ゴジラとキングコングの成長の記録
映画『キングコング:髑髏島の巨神』ジョーダン・ボッグト・ロバーツ監督にインタビュー:「ある意味では宮崎駿監督の映画のよう」

image: YouTube
source: YouTube, geektyrant

中川真知子

あわせて読みたい

powered by