パンチ力だけじゃないぞ! シャコが凄腕のハンターである理由

パンチ力だけじゃないぞ! シャコが凄腕のハンターである理由

こんな恐るべきハンターが、海にいたとは…

寿司ネタとしてもおなじみ、シャコを含む「シャコ目」。そのパンチの威力は、みなさんも耳にしたことがあるでしょう。彼らはそのパンチ力だけでなく、素晴らしい目を持った恐るべきハンターなのです。

LiveScienceによると、KQEDが撮影した動画では、シャコが強力なパンチで貝を割って中身を取り出し、食べる様子が見られます。その腕は砂の中に潜み、恐ろしい勢いで魚を捕らえることにも利用されるのです。

そして、シャコは左右の目に3つずつ、合計6つの瞳孔を持っています。また、人間は光を3原色でとらえていますが、シャコは12種類もの色に分解してとらえているのです。さらにその目は偏光を分析し、自然の中からより正確に獲物を見つけ出すことができるのです。

水中のハンターとして、人間よりも遥かに発達した目を持つシャコ。一度シャコの目で水中の様子を眺めてみたいものです。

もっと読む:
「チラッ(助けて!)」 馬は困ったことがあると人間にシグナルを送るらしい
新発見! 恐竜を食べる巨大ネズミがいたことを示す化石が…

top image by Richard Whitcombe / shutterstock.com
source: LiveScience, KQED
(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by