少女の卵巣から小さな脳と頭蓋骨の一部、髪の毛が発見される

少女の卵巣から小さな脳と頭蓋骨の一部、髪の毛が発見される

電気刺激も通す、ちゃんとした脳。

滋賀県で16歳の少女が、虫垂炎(いわゆる「盲腸」)の手術を受けていたとき、医師が別の異常に気づきました。その少女の卵巣には、大きな腫瘍があったんです。その後改めて手術をすると、そこには髪の毛と頭蓋骨、そして脳の一部が入ったテラトーマが見つかりました。その大きさは幅10cmほどもあったそうです。

寄生性双生児と間違われやすいテラトーマですが、テラトーマは双子の片割れの一部が体の中に残ってしまうわけではなくて、体の他の部分にあるはずの臓器や組織の一部が細胞の異常で形成されてしまう現象です。一般にそこには、髪や歯、骨、まれに目や胴体、手足が含まれています。はっきりした原因はわかっていませんが、卵巣内のテラトーマの場合、未熟な卵細胞の異常が原因として考えられています。テラトーマは卵巣以外に、脳や甲状腺、肝臓、肺などでも見られます。

なので、脳細胞が卵巣のテラトーマから発見されるのも初めてではありません。でもこの件を論文として発表した滋賀県立成人病センターの医師、新宅雅幸さんがNew Scientistで語ったところによると、このケースでは脳がすごく発達していて、それはかなり異例なんだそうです。

少女の卵巣から小さな脳と頭蓋骨の一部、髪の毛が発見される2
image: Masayuki Shintaku et. al., 2017

この少女の卵巣から見つかった小さな脳には、脳幹のような構造と、かなり高度に組織された小脳組織が含まれていました。そしてこの「脳」は、幅3cmほどもあり、ニューロン間で電気刺激を伝えることもできたそうです。小脳は大脳の下にあり、運動機能の制御や注意、言語といった知覚機能をつかさどっています。とはいえ、この脳が何かを考えたり、感じ取ったりすることはありません。

テラトーマがあると、体が異物を排除しようとするせいか、性格の変化や偏執、混乱、動揺、発作や記憶喪失を起こすことがあるようです。ただテラトーマそのものは比較的良性で、このケースのように手術すればわりと簡単に取り除けます。

幸いこの16歳の少女にはそもそも症状がなく、手術後の今となっては完全に回復しているそうですよ。

top image: Masayuki Shintaku et. al., 2017
source: Neuropathologyvia New Scientist

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(福田ミホ)

あわせて読みたい

powered by