あなたのお手持ちのMMCX端子装備のイヤホン、iPhone7に直結できますよ

あなたのお手持ちのMMCX端子装備のイヤホン、iPhone7に直結できますよ

デジタルリケーブル。この分野、注目されるかも。

ヘッドホン端子を省いたiPhone 7/iPhone 7 Plusが普及したころでしょうか。もうワイヤレスにしちゃおうぜ、とばかりにAirPodsなどのBluetoothイヤホン/ヘッドホンが売れていますが、もしかしたら強力なライバルとなるかもしれないケーブルをShureがリリースしますよ。その名も「リモート+マイクLightningアクセサリーケーブル」(RMCE-LTG)です。

MMCXとは超小型の同軸コネクタのこと。古くからコンパクトな機器のアンテナ接続用コネクタとして使われてきましたが、最近は高級イヤホンでの採用例も増えてきています。ケーブルが断線しても交換がカンタン、そしてケーブルを他のものと交換することで音質のチューニングができるとあって、サードパーティからMMCX-ステレオミニピンプラグのケーブルが販売されています。お値段は1本あたり4,000円くらいから、高価なものになると10万円超えの製品もあったりして。

これらのアナログケーブルに対して、「リモート+マイクLightningアクセサリーケーブル」はデジタル対応。DACとヘッドホンアンプ、リモコンを内蔵したMMCX-Lightningケーブルで、MMCX端子を持つイヤホンをiPhone 7/iPhone 7 Plusに直結できるケーブルとなります。もちろんLightningコネクタを持つ他のiPhone、iPad、iPod touchとも接続できますよ。

1612-max_desktop_RMCE-LTG_alt_01.jpg

DACのスペック的に、24bit/48kHz PCMまでのデジタル音楽データに対応する模様。24bit/96kHz以上のデータとなるハイレゾ音源をたくさんもっている方にとっては残念なアイテムかも。でも圧縮音源やCDをリッピングしたトラックが多い方なら値段次第で、買いでしょう。いわゆる「Shureがけ」がしやすいように、MMCXコネクタ側は耳の後ろの形に合わせてケーブルの曲げ角度を整形できるようですし。それに「リモート+マイクLightningアクセサリーケーブル」が売れるとなると、ゴツめのDACを使ったMMCX-Lightningケーブルを作るフォロワーも出てくると思うんですよね。

発売は2017年春の予定です。さあて、お値段。おいくらとなるでしょうか。

CES 2017:
先祖返りか若返りか。バイノーラル録音ができるイヤホンマイク
ソニーが左右分離型の純正ワイヤレスイヤホンをCES 2017でチラ見せ

image: Shure
source: Shure 1 , 2
(武者良太)

あわせて読みたい

powered by