ノルウェー、FMラジオ放送停止をついにスタート

ノルウェー、FMラジオ放送停止をついにスタート

FMラジオの終焉の始まり。

現地時間11日の午前11時11分から、ノルウェーデジタルオーディオ放送(DAB)に切りかえるため国営のFMラジオ放送を停止する、世界で最初の国になりました。国民には何年もの準備期間がありましたが、それでも戸惑いを隠せない人も多く存在するようです。

FMラジオとDABは1995年から共存してきましたが、ノルウェーの文化省は古株の放送媒体を引退させる決定をついに下したのです。

FMラジオの停止は、ノルウェー北部にあるヌールラン県で始まりました。2017年末までに徐々にFM放送を停止していきます。国民がこの変化を受け入れられるよう、FM放送からDABへの移行は一晩で行なわれるわけではありません。

DABの支持者たちはデジタル放送のほうが音質がよく、わずかなコストでより多くのチャンネルを提供できると言います。FMの周波数では5つの国営ラジオ局しか割り当てられませんが、現在、ノルウェーではDABは約20の小規模なチャンネルと22の国営局を放送しています。さらにデジタル放送ですから、リスナーは聞き逃した番組を聞くことができるし、危機発生の際には、政府が緊急放送をしやすいという利点があります。そのうえ、ノルウェーのようなフィヨルドや高い山々に囲まれている地形に散らばる住民にFMの電波を送るのは費用がかさみますが、DABならコスト面の負担も減らせます。

国民には何年も準備期間があったにもかかわらず、その多くがこの移行は時期尚早だと語っています。The Star Onlineに報道されているとおり、国民の66%が放送停止に反対しており、賛成派はたった17%とのこと。AFPのインタビューに対し、76歳のオスロ在住のEivind Sethovさんは「完全にばかげている、今ある以上のチャンネルはいらんよ」と語っています。

FMラジオの多くは車内に搭載されていて、放送が停止される今年末には何百万ものFMラジオが不用品になると推定されています。そして車のラジオを変えるには、1,000から2,000クローネ(約1万3500円~2万7000円)のアダプターが必要になるとか。これについてネタ元では「デジタル放送への移行で放送局にとって放送のコストを削減することになる一方で、リスナーたちが移行のコストの多くをこうむることになる」と指摘しています。

他国もすぐに、この先例を倣いそうです。イギリスは、ラジオリスナーの半分がデジタル放送を聞くようになり(現段階では35%)、DAB信号が人口の90%に届くようになったらFM放送を停止すると言っています。1940年以降、北米で盛況だったFMラジオですが、アメリカやカナダのどちらにおいても近いうちに移行する兆しはみられません。とは言うものの、DABフレンドリーなインフラが現れつつあります。全米にはHDラジオ技術を使っているラジオ局が約4,000局もあり、そして新車においてHDラジオ受信機は今や一般的な設備ですからね。

ノルウェーでの歴史的な先例からして、FMラジオに残された日々ももうあと僅かかもしれません…。

もしアップルがラジオを作ったら、欲しい?
レコードもラジオもUSBも。レトロデザインなオールインワンプレーヤー「Superior LP」

image: mut_mut/Shutterstock
source: AFP via The Star Online,cbc, HD Radio

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(たもり)

あわせて読みたい

powered by