速いだけじゃない。新プロセッサ「Snapdragon 835」はVRにも強いんです

速いだけじゃない。新プロセッサ「Snapdragon 835」はVRにも強いんです

搭載スマートフォンを早く使ってみたい!

日進月歩のスマートフォン向けプロセッサに、あらたなベンチマークが登場しました。Qualcomm(クアルコム)がラスベガスで開催中のCES 2017にて、新型プロセッサ「Snapdragon 835」を発表しています。

Snapdragon 835はAndroidスマートフォンに広く採用されているプロセッサ「Snapdragonシリーズ」の最新モデルで、9to5GoogleによればCPU性能が20%向上しながら省電力性能も改善され、さらに急速充電規格の「Quick Charge 4.0」にも対応する…という、無敵感漂うプロセッサです。

もっと読む: 5分充電で5時間利用。スマホの新充電技術「Quick Charge 4.0」が登場

省電力性能の向上の鍵は、10nmにまで縮小されたプロセスルール。これにより、昨年多くのスマートフォンに採用された「Snapdragon 820」から25%の消費電力の削減に成功しています。そして丸一日以上の通話や5日間以上の音楽再生、7時間以上の4Kビデオ再生が可能なんだとか。とうとう日数単位でバッテリー性能を記載する日がきましたか!

また、CPUだけでなくGPU性能もAdreno 540の採用で25%向上。これにより4K/60fpsでのディスプレイ表示や、VRコンテンツの提供にも大きな力を発揮することができるのです。さらにGoogle(グーグル)による機械学習ライブラリ「TensorFlow」にも対応しています。

Snapdragon 835を搭載したデバイスは2017年の前半に登場予定。手のひらにおさまるサイズながら、スマートフォンの進化は今後も凄まじいスピードで進みそうです。

もっと読む:
LenovoのVRヘッドセット、Windows Holographicに対応し安価に登場へ
未来から来たの?パナソニックのディスプレイがスケスケすぎる

image: 9to5Google
source: 9to5Google
参考: ASCII
(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by