まるで今の日本。はたらくロボットたちが壊れていく無慈悲なアニメ

まるで今の日本。はたらくロボットたちが壊れていく無慈悲なアニメ

働きづめな人ほど、ダメージ注意。

Michael Marczewskiさんのショートフィルム『Vicious Cycle』(悪循環)は、その明るい色使いとは裏腹に、考えさせられるアニメーションです。

電子レンジのボタンを押す、レールにお皿を乗せる、ボールを打つといった単純なタスクを行なうロボットたち。単調な作業を繰り返しているかと思いきや、仕事のペースはどんどん速くなり、彼らは疲弊していきます。やがてそのスピードに飲み込まれると、無惨にも壊れてしまう。しかし、悲しむ間もなく彼らの代わりに新しいロボットが登場するのです。

Vicious Cycle from Michael Marczewski on Vimeo.

表現こそロボットでされていますが、この光景って過労死や長期間労働が問題になっている今の日本の社会なんじゃ…。

弟・妹の人集合。兄弟の切ない思い出がつまったショートムービー「Player 2」
イヤな予感のデジャヴ。誰でも少しだけ無力感を味わえる短編

source: Vimeo via Laughing Squid

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(たもり)

あわせて読みたい

powered by