Androidユーザーに朗報! 内部ストレージと違いないスピードで使えるmicroSDカードが登場

Androidユーザーに朗報! 内部ストレージと違いないスピードで使えるmicroSDカードが登場

iPhoneユーザーにはうらやましい限り…。

スマホを使っていると、どんどんストレージの空き容量が圧迫されていく状態にどこかで必ず襲われてしまうものです。microSDカードの空きが少なくなってきたのならまだしも、本体の内部ストレージの空き容量がなくなってきたりしたら、スマートフォンの動作までおかしくなる危険信号が点滅して、もう大変なことですよね。

実はAndroid 6.0 Marshmallowからは、たとえスマホの内部ストレージに限りがあっても、microSDカードを内部ストレージのように使用できるようになりました。アプリもmicroSDカードへダウンロードし、カード上からダイレクトに起動実行できてしまいます。これぞ慢性的な容量不足の救世主となってくれそうな新機能ですけど、やはりあくまでも外部ストレージでの動作なので、遅いし不安定になるのでは?

Ultra microSDXC UHS-I

そんな心配を吹っ飛ばしてくれる新製品が、SanDiskから発表されましたよ。新たなアップデートされた「Ultra microSDXC UHS-I」のmicroSDカードは世界で初めて、SD Associationの定める「Application Performance Class 1」の公式認定を受けたのです。この規格は、スマホからアプリなどを直接起動するのに適したスピードを持つSDカードを示すもので、本体にも「A1」の認定マークが刻印されていますね。

読み書きする速度が遅いmicroSDカードでは、写真や音楽などのデータ保存には適するものの、いざアプリを保存して実行しようとすると、思うようなパフォーマンスが得られません。このUltra microSDXC UHS-Iなら、アプリケーションパフォーマンスに優れるため、まるで内部ストレージから実行するのと変わらないスピードで、カード上のアプリを利用可能になるのです!

これならば、本体容量がやや心配なAndroidスマートフォンを購入しても、microSDカードを挿すだけで、理論上は大容量スマホと変わらない使い心地を期待できることでしょう。microSDカードすら使えないiPhoneユーザーにとっては、なんともうらやましいばかりのコンビネーションですよ。ただし、256GBモデルのUltra microSDXC UHS-Iの値段は、日本円にして2万円を下らない200ドル前後の販売価格となる見込みです。これだけ出せば、格安スマホの1台くらい買えてしまいそうですけどね〜。

CES 2017:
ゲーマーのためのWi-Fiルーターが、ある
ドローンにもカラバリ。DJI「Phantom 4 中国・春節エディション」のメインカラーはやはりRED
USBメモリの限界へ…2TB、亜鉛合金の堅牢仕様モデルが登場!

image by SanDisk
source: SanDisk

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(湯木進悟)

あわせて読みたい

powered by