総務省、スマホのSIMロック解除を拡大。分割払いなら100日以下でのロック解除も

総務省、スマホのSIMロック解除を拡大。分割払いなら100日以下でのロック解除も

もっともっと、乗り換えやすく!

総務省強力に推し進めるSIMロックフリー時代。これによりユーザーは携帯電話キャリア間の乗り換えが簡単になるのですが、同省はあらたに「SIMロック解除までの期間の短縮」などを盛り込んだ新ガイドラインを公開しました。

これまで各キャリアが用意していた制度では、SIMロックの解除が可能になるまで6カ月ほどの期間が必要でした。しかし総務省は、その期間の短縮を指示しています。

1、割賦払い購入時には100日程度以下でのSIMロック解除(2017年8月1日〜)
2、一括払い購入時には当該支払を確認できるまでの期間(2017年12月1日〜)

また、指針では解約時の原則SIMロックの解除(2017年5月1日〜)MVNO向けのSIMロックの廃止(2017年8月1日以降発売の端末)なども謳われています。どちらも携帯キャリア間の乗り換えが簡単になることが期待でき、特にMVNOでのSIMロックの排除は端末の使い回しにおける利便性を高めそうです。

さらに新ガイドラインでは、通信契約の奨励金や下取り価格などのスマートフォンの端末購入補助に関しても適正化を求めています。これにより、さまざまなキャンペーンなどで発生していた「実質0円端末」なども今後は販売が難しくなりそうです。

このようなさまざまな指針は、すべて「携帯キャリア間の競争の健全化」が狙いです。このような細かな指針に関しては政府がどこまで介入していいのか…などの議論もありますが、この国の携帯販売の姿がどのように変化していくのかを見守りたいと思います。

top image by OohhoT/Shutterstock
source: 総務省

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by