「駅の電光掲示板」を再現した腕時計シリーズが限定復活!

  • Buy
  • machi-ya
    「駅の電光掲示板」を再現した腕時計シリーズが限定復活!

    ライフハッカー[日本版]より転載

    駅の電光掲示板を模した腕時計が、ECモールmachi-yaに出店中の「Waikeru Design Studio」から、発売中です。

    Waikeru Design Studioといえば、液体金属で時間を示すユニークな腕時計で名前を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

    今回は、駅の電光掲示板をそのままデザインした腕時計。全バージョン個数限定と、鉄道好きは要チェックな一品になっています。

    中央線「新宿駅」バージョン

    161222_stationwatch_003_R_R.jpg

    一日の平均乗客数がJR東日本の中で最も多く、世界一の乗降車数を誇る「新宿駅」バージョンがこちら。中央線の電光掲示板が時計になっています。

    利用客の多い新宿駅バージョンの時計ですが、販売は個数限定です。

    中央線「吉祥寺駅」バージョン

    161222_stationwatch_004_R_R.jpg

    おしゃれの街「吉祥寺」バージョンがこちら。腕時計の電光掲示板は中央線の「快速・上り/中野・東京方面」。

    ちなみに実際の吉祥寺駅では、快速運転を行っていない時間帯になると、3・4番線ホームが閉鎖されるとか。

    中央線「立川駅」バージョン

    161222_stationwatch_005_R_R.jpg

    蒸気機関車の時代から歴史を重ねる「立川駅」バージョンがこちら。その電光掲示板を腕時計として身につけると、時の浪漫を感じますねぇ。

    オレンジ色は中央線快速バージョン共通の仕様です。

    京浜東北線電光掲示板ウォッチ「秋葉原駅」バージョン

    161222_stationwatch_006_R_R.jpg

    京浜東北線の「秋葉原駅」の電光掲示板バージョンがこちら。数ある駅の中でもガジェット好きの聖地、秋葉原駅が選ばれています。

    ベルトは京浜東北線の車両にも使われている「スカイブルー」を採用し、"らしさ"を演出してくれています。

    これら電光掲示板ウォッチの液晶は、視認性が良いLCDを採用。その他、時刻以外に日付が確認できたりと実用的です。

    電車好きな方へのお土産に1本いかがでしょう。

    source: ライフハッカー[日本版], machi-ya

    (藤加祐子)

      あわせて読みたい

      powered by