新年におすすめ…遅くなったパソコンを快速化する5ステップ

新年におすすめ…遅くなったパソコンを快速化する5ステップ

仕事始めにいかが?

どんなにパワフルでスピーディーなコンピューターでも、本当に最強のパフォーマンスを発揮できるのは、残念ながら、購入後しばらくの間にすぎません。使っていれば使っているほど、どんどんと重く遅くなっていくものでしょう。

でも、ちょっとした工夫で、再び新品みたいな使い心地を取り戻すことは可能ですよ! 方法をいくつかご紹介しますので、どうぞ参考にしてみてください。

1. インストールは最低限に

そもそもコンピューターが使えば使うほど、どんどんパフォーマンスが落ちてしまう最大の原因は、あなたが次々とインストールしていくソフトウェアやプラグインの拡張機能にあります。知らないうちに、システムのリソースが奪われていって、スローダウンしていきます。

170104cleanup1.jpg

便利だからインストールしようとクリックしてしまう前に、これは本当に絶対必要なものなのか? 少し立ち止まって考えてみることを、おすすめいたします。意外とオンラインで代用できるとか、わざわざコンピューターのHDDにインストールせずとも、USBドライブから起動できるソフトがあるものです。

そして、たとえインストールしても、たまにはブラウザのプラグインをクリーンアップしたり、アプリの断捨離を実行したりするのがいいでしょうね。最初は必要だと思っても、わりと使わないまま過ぎていっているものも少なくないでしょうから。こうした見直しを自動で進めてくれる「CCleaner」のようなユーティリティソフトも用意されていますよ。とにかくローカルディスクの空きスペースは、常に最大限にキープすることを目標に、コンピューターのパフォーマンス回復への第一歩を踏み出してみましょう~。

2. 勝手にソフトを起動させない

自分でインストールしたかどうかにかかわりなく、WindowsでもmacOSでも、実に多くのソフトウェアが、起動すると同時に勝手に立ち上がります。これが起動スピードを遅くし、起動後の動作を重くする大きな原因でもあるんですよね。

170104cleanup2.jpg

ためしにWindowsならば、タスクマネージャーのスタートアップタブから、どれだけ多くのプログラムが、起動時に自動実行されてしまっているかを確かめてみましょう。macOSであれば、システム環境設定のユーザとグループから、ログイン項目をチェックしてみます。ここに並ぶものを減らせば減らすほど、コンピューター上のメモリ消費が抑えられ、どんどん以前のスピードへ戻っていくと信じて、できるだけ削ってみるといいでしょうね。

3. セキュリティ対策は万全に

当然ながら、コンピューターに害をおよぼすマルウェアがあると、パフォーマンスの低下は避けられません。明らかにウイルスとして検出されるものもありますけど、最近では、正規のソフトウェアにバンドルされて、各種データを自動収集しながらシステムを圧迫する種類も増えているので、油断はできませんよ…。

170104cleanup3.jpg

これまで挙げてきた、インストールしたソフトウェアや起動時に自動実行されるプログラムの管理などは、自分で進めることは可能です。でも、セキュリティ対策となると、やはり専用のソフトを利用することが必要になるでしょう。この分野では、明らかにWindowsよりもmacOSのほうが安全ではありますけど、たとえmacOSのユーザーであっても、セキュリティソフトなしで過ごすのはおすすめできません。いずれにせよ、正体不明のソフトウェアといっしょにマルウェアがインストールされるケースが相次いでいるので、お金をケチってフリーウェアばかりを使用するのは控えたほうが賢明でしょうかね。

4. アップデートはこまめに

コンピューターへインストールするソフトは最低限に! この鉄則を守ったなら、今度はインストールされた各種プログラムを最新の状態に保つよう努力するのが大切です。アップデートによって、セキュリティ上の不具合が解消されるばかりか、コードの実行が最適化され、システム全体のパフォーマンスが改善することは少なくありませんよ。

170104cleanup4.jpg

多くのアプリが、いまは自動でアップデートされていく仕組みを採用していますけど、たまにはアプリストアへ接続して、自分でアップデートをチェックしてみるのがよいでしょう。ついでにインストールアプリの見直しもできるので、一石二鳥ですね。

5. 出荷状態に戻すのもあり

これまで紹介してきた方法は、いずれも基本中の基本であり、すでにこんなことは定期的にやっているというユーザーも少なくないでしょう。それでもパフォーマンスが回復しないという場合、もっともおすすめなのが、強制的にコンピューターをリセットし、購入時の状態に復元させてしまうことです。

170104cleanup5.jpg

昔はOSの再インストールとなると、もう一大イベントでした。ひどい場合は、これまでのすべてのデータが吹っ飛んでしまい、コンピューターはきれいになったものの、失った代償が大きすぎて、かえってヘコんでしまったものです。

でも、いまはWindowsにもmacOSにも、最新バージョンには、簡単にコンピューターを初期の出荷状態に戻すことができるオプションが用意されています。わざわざデータをバックアップせずとも、システムまわりだけをリセットしてくれるようになっているので、それほど難しい作業ではありません。面倒くさがらず、節目節目にメンテナンスの一環でやってみることをおすすめしますよ。もちろん、万が一のこともあるので、きちんと大切なデータはバックアップを取ってからが前提ですけど。

なお、もっとも面倒くさがりな人は、今年はChromebookへの乗り換えを検討してみてもよいかもしれません。まだ日本国内では少数派ですが、いつも最新の状態の軽快なOSが走り続けるシステムとして、北米では着実にシェアが広がっています。時代を先取りしている感覚も味わえて、周囲からうらやましがられるかもしれませんよ。

もっと読む:
ティム・クックが話す。iPhoneの陰で…この先、Macは消えていくのか?
3D、VR、MRにも対応! Windows 10大型アップデート「Creators Update」機能まとめ

image: Gizmodo US
参考: FIELD GUIDE, lifehacker, CCleaner
David Nield - Gizmodo US[原文
(湯木進悟)

あわせて読みたい

powered by