西日本でも飛べます。神戸市にB737シミュレーターを置くテクノバード、2月3日開業予定

西日本でも飛べます。神戸市にB737シミュレーターを置くテクノバード、2月3日開業予定

ジャンボパイロットになるという夢、かなえてみませんか。

ネジコン、電車でGO!コントローラー、ハンドルコントローラーにフライトスティック。コンテンツそのものだけではなく、僕らはコントローラーの質感にもワクワクする生き物です。またセガのR-360やナムコのO.R.B.S.、タイトーのミッドナイトランディング筐体など、コンテンツの世界に入り込めるコックピットのような空間にもドキドキする生き物です。

この感覚が研ぎ澄まされると、リアルなフライトシミュレーターに行き着く人が多い。コントローラーもディスプレイもインジケーターもホンモノそっくり。2,000万円もかけて自宅にジャンボのコクピットを作っちゃう人もいるのだから、この沼は恐ろしや~

でも、誰しもが導入できるものではありません。そこでリアルなコックピットを再現した本格派のフライトシミュレーターを提供している施設があるのですが、羽田のラグジュアリーフライト、品川のSky Art Japan、高輪のバーチャルエアロスペースジャパン、墨田区のエフエス・シーマなど、東京に集中しているんですよね。と、思いきや!

1701-image.jpg

2月3日、西日本では初めての本格派フライトシミュレーション体験施設「テクノバード」がオープンの予定です。導入されるシミュレーターボーイング737セスナ172スカイホークのもの。ボーイング737のシミュレーターにはモーション機能「D-Box」が搭載されており、風の影響や機体の傾き、トラブル時の繊細な振動をリアルに表現するとのことです。計器類もシートも、ワイドなディスプレイにもグッときますね! (実際に見たことはないので、たぶん)ホンモノのコックピットと変わらないクオリティですよ。

住所は兵庫県神戸市長田区神楽町2-3-2 東洋ビル west 5F。最寄り駅はJR西日本…神戸市営地下鉄の新長田駅になります。

1701-image2.jpg

利用料金は次のとおりです。

■体験フライト30分(初回限定)
ボーイング737/5,000円 + 400円(税)
セスナ172/3,000円 + 240円(税)

■ボーイング737:
60分/1万5000円 + 1,200円(税)
90分/1万9000円 + 1,520円(税)
120分/2万2800円 + 1,824円(税)
150分/2万5800円 + 2,064円(税)
180分/2万8000円 + 2,240円(税)

■セスナ172:
60分/1万円 + 800円(税)
90分/1万3000円 + 1,040円(税)
120分/1万5500円 + 1,240円(税)
150分/1万7500円 + 1,400円(税)
180分/1万9000円 + 1,520円(税)

また、パイロットの制服レンタルは無料です。

有料会員(TBゴールドメンバー)、またパイロット事業用訓練課程 or 大学操縦士課程の方であれば料金は20%OFFになります。何度もフライトしたい方なら、TBゴールドメンバーに入ったほうがよさそうですね。

史上最もおバカなゲームかもしれない「超正確な戦闘シミュレーター」

image: テクノバード
source: テクノバード
(武者良太)

あわせて読みたい

powered by