おなじみの日本映画も。歴代アカデミー長編アニメ映画賞受賞作品のまとめ動画

おなじみの日本映画も。歴代アカデミー長編アニメ映画賞受賞作品のまとめ動画

まだまだ歴史は浅い。

アカデミー賞は、アメリカ映画の健全な発展を目的として1929年に始まった映画賞。時代の流れに伴って賞も変化し、2001年には長編アニメ映画賞が始まりました。

ノミネーションの基準は上映時間が70分以上(2010年から40分以上)、主要キャラがアニメーション、上映時間の75%がアニメーション、の3つを満たすこと。

アニメを強みとする日本にとっても馴染み深い賞で、2002年には『千と千尋の神隠し』が受賞、今年は鈴木敏夫プロデュース、スタジオジブリ製作の『レッドタートル ある島の物語』がノミネートされています。

今日は、そんなアカデミー長編アニメ映画賞受賞の歴代受賞作をまとめた動画をピックアップ。日本時間2月27日(月)に控える第89回アカデミー賞授賞式のおさらい用にお楽しみください。

こちらはLaughing Squidが紹介したBurger Fictionからの動画。

以下は動画で取り上げられた歴代の長編アニメ映画賞受賞作品のリストです。

・2001年『シュレック』

2002年『千と千尋の神隠し』

2003年『ファインディング・ニモ』

2004年『Mr.インクレディブル』

2005年『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』

2006年『ハッピーフィート』

2007年『レミーのおいしいレストラン』

2008年『ウォーリー』

2009年『カールじいさんの空飛ぶ家』

2010年『トイ・ストーリー3』

2011年『ランゴ』

2012年『メリダとおそろしの森』

2013年『アナと雪の女王』

2014年『ベイマックス』

2015年『インサイド・ヘッド』

そして気になる2016年のノミネート作は次の通りです。

・『クボ・アンド・ザ・トゥー・ストリングス』

『モアナと伝説の海』

『My Life as a Zucchini』

『レッドタートル ある島の物語』

『ズートピア』

今年はどの作品がオスカーを手にするのでしょうか? 筆者は断然『クボ』推し。ストップ・モーションアニメを盛り上げるためにも是非受賞してほしいのですが、興行成績的にも成功した『ズートピア』が確率としては高いのかな、と。

そうそう、2001年の受賞はドリームワークスの『シュレック』ですが、この年のノミネートにはピクサーのほっこり怪物映画『モンスターズ・インク』もあったんですよ。まぁ、『シュレック』のほうがキャッチーな曲あり、ダンスあり、豪華キャストありでインパクトはありましたが、まさか、サラサラヘアの技術が大絶賛された『モンスターズ・インク』が受賞を逃していたとは…。

何があるかわからないからこそ、予想が楽しいアカデミー賞。第89回の授賞式は日本時間2月27日(月)午前10時から。結果が気になりますね。

素晴らしき映像美。アカデミー撮影賞受賞映画の総まとめ動画

image: YouTube
source: Laughing Squid, YouTube

中川真知子

    あわせて読みたい

    powered by