水中だとほぼ見えない。泳ぐ魚をスッと捕獲できるハイドロジェルロボット、MITが開発

水中だとほぼ見えない。泳ぐ魚をスッと捕獲できるハイドロジェルロボット、MITが開発

このUFOキャッチャーみたいなロボット、ほとんど水でできています。

機械工学や環境工学などを学ぶMITの学生による研究チームは、すばやく力強く、泳ぐ魚に気づかれることなく捕まえることができる、ハイドロジェルの柔らかいロボットを開発しました。ハイドロジェルとは、水を主成分とする素材で、水中でほとんど見えなくなります

Nature Communicationsに掲載されたこのハイドロジェルロボットの特徴は、水中では中性浮力という状態で、複雑な油圧や電気モーターを必要とせずに可動できること。連結されたゴム状のキューブで構成されたロボットは、シリンジポンプという医療機器を使ってロボットの内外の空間に水を入れるだけで、丸まったり開いたり、まるで生きてるかのような動きを再現します。

こちらはMassachusetts Institute of Technology (MIT)が公開している動画。

現状、このプロトタイプのハイドロジェルロボットは基本的な動作しかできませんが、本物の海の捕食者のようにこっそりと魚を捕まえるのには十分そう。そして今後は、複雑な動きが可能になるでしょう。

研究を詳述した論文の中で、研究者は生物の潜在的な応用可能性について以下のように書いています。

持続性放出と制御された放出のために、生体活性成分(薬物、細菌および哺乳動物細胞等)をさらにハイドロジェルデバイスに取り入れることが可能だ。海洋生物学者は、海洋生物との相互作用を研究するために、ハイドロジェルを用いて、エラストマーや金属よりも現実的な次世代の生体模倣ロボットを設計することができる。

つまりこの研究は、獲物の捕獲に活用するだけではありません。MITの研究者は、海洋生物学者が観察する生物の行動を阻害することなく、自然環境で海洋生物を研究するために使える「水中のスパイ」を構想しています。

海の中でなければ、最近BBCがオランウータン、野生のカワウソの活動を捉えるために設計した、カメラを搭載した動物ロボットを用いて観察を行なっています。このロボットが撮影できた映像は際だっていたものの、「人工侵入者」と慎重に過ごす動物たちは、自然でありのままの状態とは言い難かったようです。

でもこのハイドロジェルロボットはきっと可能性がありそうですね。

高速移動可能なボストン・ダイナミクスの新たな二足ロボット「Handle」まるでローラースケーターのよう
その名も「ジャコメッティアーム」。東工大が人工筋肉で動くバルーン構造の巨大ロボットアームを開発

image: Massachusetts Institute of Technology (MIT) - YouTube
source: Nature Communications, Massachusetts Institute of Technology (MIT) - YouTube

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(mayumine)

    あわせて読みたい

    powered by