「耳をふさがない」新型イヤフォン。ソニーの技術を応用したベンチャーambieから発表

「耳をふさがない」新型イヤフォン。ソニーの技術を応用したベンチャーambieから発表

骨伝導とはまた違うようです。

ソニービデオ&サウンドプロダクツと、ベンチャーキャピタルWiLによって設立された合弁会社、ambie(アンビー)は、「耳の穴をふさがない」という新機軸のイヤフォン「ambie sound earcuffs」を発表しました。

聴きながら、コミュニケーション」がテーマというこちらの商品。ソニーの音響技術を活用した新しいタイプのイヤフォンですが、気になるのはどのように装着するかですよね。

「耳をふさがない」新型イヤフォン。ソニーの技術を応用したベンチャーから発表2image by ambie

実際は、このように耳の端っこに挟んで使うようです。商品名の通り、アクセサリーのイヤーカフのようですね。

従来のイヤフォンやヘッドフォンだと、誰かに話しかけられた時はもちろん、車や電車の接近などが聞こえにくくなります。しかしこの新型イヤフォンなら、耳を塞ぐことがないためその心配がないとか。ambieでは「自然の音や空気に音楽を重ねることで、より深く楽しむこともできます」と語っていますよ。

「耳をふさがない」新型イヤフォン。ソニーの技術を応用したベンチャーから発表3
image by ambie

2月9日より公式サイトなどで発売が開始されたこちら。全6色のカラーバリエーションでお値段は5,940円(税込)です。

実際、どんな風に音楽が聞こえるのか、取れやすかったりしないのか、音漏れはどうなのかなど気になる部分もありますが、まったく新しい「音体験」を試してみたいですね。

image by ambie
source: ambie via PR TIMES

(渡邊徹則)

あわせて読みたい

powered by