魔法のような映像美。実写映画版『美女と野獣』予告編

魔法のような映像美。実写映画版『美女と野獣』予告編

Be Our Guest.

ディズニーの名作中の名作『美女と野獣』の実写版の、夢のような映像美の予告編が登場しました。

トレイラーはDisney Movie Trailersより。

ベルを演じるエマ・ワトソン美声を披露する映像BBL Movie Trailers)も公開され、ますます期待が高まっている本作ですが、完璧と言われているオリジナル版に匹敵する映像スペクタクルが繰り広げられています。

『ビューティー・アンド・ザ・ビースト』をBGMに、ルミエールが仕切るベルの初晩餐やガストンを讃えるナンバー、ラストの晩餐会の様子など、どれもこれも想像以上のクオリティー!

アニメ版のベルのパパは、ドリーマーな年ごろの娘を見守る、ろくに売れもしない発明に忙しい、おっちょこちょいな設定でしたが、実写版では娘の良き理解者であるすてきなパパ(でもやっぱり花泥棒)になっているようです。

ガストンの曲は暴力描写が多いため、どのように実写化するのかが気になっていましたが、テーブルの上でともに軽快なステップを踏むマイルド表現になる模様。

ガストンは超ハンサムなリア充なのに足がとんでもなく臭いという設定でしたが、そこはどうなるのでしょうか? 足のにおいも胸毛もガストンを語る上で外せない大事な設定なので、ファンとしては残しておいてほしいです。

監督は『シカゴ』や『ドリームガールズ』といった名ミュージカル映画を手がけた、ビル・コンドン。彼は、オリジナルが完璧であり、実写化に踏み切ったのは単純に技術が追いついたからであることを理解しているようなので、独自の解釈や別設定といったものはあまりなさそうです。オリジナルのファンとしてはうれしい!

圧倒的な映像美とオリジナルへのリスペクトが楽しめそうな映画『美女と野獣』は4月21日(金)全国ロードショー。

image: © 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved., YouTube
source: Gizmodo io9, YouTube1, 2

中川真知子

あわせて読みたい

powered by