アカデミー作品賞歴代ワースト10、あるいはその年受賞すべきだった作品

アカデミー作品賞歴代ワースト10、あるいはその年受賞すべきだった作品

  • Business Insider

BUSINESS INSIDER JAPANより転載(2月9日公開の記事)

アカデミー作品賞を受賞するということは「その年の最高峰である」とハリウッド業界関係者に認められるだけではなく、『ゴッドファザー』『アラビアのロレンス』『波止場』など、名作として評価され続けている過去の受賞作品と同じようなステータスを築くことにもなる。

しかし、アカデミー賞選考委員がいつも正しいわけではない。時代によって忘れ去られ、二度と名前を聞かないアカデミー作品賞受賞作品がこの88年の歴史の中にはたくさん埋もれている。それらの作品は結局、当初思っていたほどには素晴らしくなかったのだ。

映画評論家のお気に入り『ラ・ラ・ランド』や『ムーンライト』『マンチェスター・バイ・ザ・シー』を含む2017年作品賞ノミネート9作品の、どの作品が我々の記憶に残るかを議論するのは時期尚早だが、とりあえず、2月26日のアカデミー賞授賞式(日本では27日)で過去のあやまちが繰り返されないことを祈ろう。

続きを読む≫

image: Rob Loud/Getty Images
source: Business Insider

(執筆: Jason Guerrasio、翻訳: Conyac

    あわせて読みたい

    powered by