「鳥になる遺伝子」をスイッチオン! 恐竜から進化したと噂の鳥。進化のヒミツは「遺伝子の使い方」だった

「鳥になる遺伝子」をスイッチオン! 恐竜から進化したと噂の鳥。進化のヒミツは「遺伝子の使い方」だった

鳥を見る目が変わりそう。

最近の研究により「鳥は恐竜から進化したもの」というのが定説になっていますが、正直、見た目は似ているような似ていないような…。

それもそのはずで、我々が想像する恐竜の姿から今の鳥の姿にどう変わっていったのかは、これまでほとんどわかっていなかったそうです。

国立遺伝学研究所の発表によれば、東北大学田村宏治教授を中心としたグループは、48種類の鳥のゲノムDNAを他の動物のものと比較することにより、「鳥らしさ」をもたらすDNA配列を探す研究を実施。

その結果、鳥は進化過程において、新しい遺伝子を獲得したわけではなく、すでに持っていた遺伝子の使い方を変えることで、「鳥らしさ」を進化させていたことがわかりました。

170211_bird_2.jpg

遺伝子のスイッチのオン・オフを切り替えるDNA配列のことを、「制御配列」と呼ぶそうですが、研究チームが見つけたのはスイッチをオンにする鳥特有の制御配列。とある遺伝子では、鳥が空を飛ぶのに重要な部位である風切羽が作られる翼(前肢)や、尾羽が形成される部分で働いていることが明らかになったそうです。

遺伝子自体ではなく、「使い方」を変えただけで恐竜が鳥に進化するなんて、生命の神秘ですね。

研究チームは今後さらに解析を進めていくことで、「鳥らしさ」を決める他の遺伝子の発見や、鳥の大きさや形はなぜこれほどバラエティに富んでいるのかなど、「鳥を使った恐竜研究」がより盛んになることが期待されるとしています。

今すぐポチリたい。脳内の「やる気スイッチ」が慶応大らの研究チームにより発見される

image: Wikipedia, 国立遺伝学研究所
source: 国立遺伝学研究所

(渡邊徹則)

あわせて読みたい

powered by