キヤノンからエントリークラスのデジタル一眼レフ「EOS 9000D」「EOS Kiss X9i」コンデジ「PowerShot G9 X Mark II」が発表

キヤノンからエントリークラスのデジタル一眼レフ「EOS 9000D」「EOS Kiss X9i」コンデジ「PowerShot G9 X Mark II」が発表

そうか、もうすぐCP+か……。

キヤノンは、エントリークラスのデジタル一眼レフ「EOS 9000D」と「EOS Kiss X9i」、そしてコンパクトデジカメ「PowerShot G9 X Mark II」を発表しました。それぞれ見ていきましょう。

高速AF&Bluetooth常時接続可能な「EOS 9000D」

150217EOS_9000d_Kiss9i_g9x2-02_786.jpg

EOS 9000Dは、EOS 8000Dの後継機種。

有効画素数約2420万画素のAPS-CサイズのCMOSを搭載。映像エンジンは最新のDIGIC 7。最高ISO25600の高感度撮影に対応します。連写速度は約6コマ/秒です。

CMOSセンサーの各画素が撮像と位相差AFの両方の役目を持つ「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載。これはエントリークラスのデジタル一眼では初。ライブビュー撮影時でも高速AFを実現しています。

また、静止画撮影においてもミドルクラスの「EOS 80D」と同じオールクロス45点AFを採用することで、高速・高精度なAFが可能です。

150217EOS_9000d_Kiss9i_g9x2-03_786.jpg

そして、Wi-FiとNFCに加えてBluetooth接続に対応。専用スマホアプリ「Camera Connect」を使うことで、スマホから画像の閲覧・保存、遠隔でのライブビュー撮影などが可能となります。

発売は4月上旬の予定。ボディ単体のほか、EF-S18-135 IS USMとのレンズキットも発売予定です。

小型のボディに機能を凝縮した「EOS Kiss X9i」

150217EOS_9000d_Kiss9i_g9x2-04_786.jpg

もう1機種のデジタル一眼レフは、EOS Kiss X9iです。基本性能はほとんどEOS 9000Dと一緒。ボディが若干軽く(532g)、サブ液晶などが省略されています。

150217EOS_9000d_Kiss9i_g9x2-05_786.jpg

EOS 9000Dもいいんだけど、ちょっと大きいかなという方や、家族で共有したいという場合は、こちらのほうがいいでしょう。

発売は4月上旬の予定。ボディ単体のほか、EF-S18-135 IS USMレンズキット、ダブルズームキットが発売予定です。

高画質を手軽に楽しめるプレミアムコンパクト「PowerShot G9 X Mark II」

150217EOS_9000d_Kiss9i_g9x2-06_786.jpg

1インチの高感度CMOSセンサーを搭載したプレミアムコンパクトデジカメ「PowerShot G」シリーズの最新モデルが「PowerShot G9 X Mark II」です。コンパクトなボディに28mmからの3倍ズームレンズを搭載。開放F値はF2.0〜4.9です。

映像エンジンにDIGIC 7を搭載したことで、現行機種よりもさらに画質がブラッシュアップ。手軽に高画質が楽しめます。

背面液晶はタッチパネルになっており、タッチパネルAF&シャッターに対応。また、マルチタッチにも対応しており、画像再生時の拡大縮小など、スマホライクな操作性を実現しています。

150217EOS_9000d_Kiss9i_g9x2-07_786.jpg

Wi-Fi、NFC、Bluetoothに対応しているので、スマホとの連携もバッチリ。撮った写真をその場でSNSなどに投稿することも簡単です。

150217EOS_9000d_Kiss9i_g9x2-08.jpg

カラーはブラックとシルバー。お好きなほうをどうぞ。発売は2月23日です。

この春からデジタル一眼レフを始めたという方、今のコンデジからステップアップしてみたい方、もちろんデジカメが初めてという方も、安心して使えるカメラではないでしょうか。

おひとつ、どうです?

source: EOS 900ODEOS Kiss X9iPowerShot G9 X Mark II

(三浦一紀)

    あわせて読みたい

    powered by