ミラーがないだけでこんなに小さく。ハッセルブラッドの中判ミラーレスカメラ「X1D-50c」をハンズオン #CPplus

    ミラーがないだけでこんなに小さく。ハッセルブラッドの中判ミラーレスカメラ「X1D-50c」をハンズオン #CPplus

    スウェーデンからの黒船。

    国内のカメラメーカーが溢れるCP+のなか異彩を放つのは、スウェーデンのカメラメーカー「ハッセルブラッド」。昨年末発売された、中判ミラーレスカメラ「X1D-50c」に早速飛びついてきました。

    170223_cp_xd1_7833.JPG

    まず驚いたのは、中判カメラとは思えないサイズ。イメージとしてはキヤノンの「EOS 5D Mark III」を握っているのと同じくらいのサイズ感です。重さは、バッテリーを入れても725g

    過去のハッセルブラッドのフィルム中判カメラと比べて、「ミラーレスになるだけで中判カメラってこんなに小さく作れるんだ」と感じました。

    170223_cp_xd1_7825.JPG

    そしてこちらがX1D-50cの中判センサー。ミラーレスだから丸見えです。ずっと見てられます。

    X1D-50cの中判センサーのサイズは、32.9 x 43.8mm。フルサイズセンサーと比べても約1.7倍の大きさで、解像度にして5000万画素

    170223_cp_xd1_7845.JPG

    こんな小さな本体に詰まっているとは、とても思えないですよね。

    170223_cp_xd1_7830.JPG

    そして、ボタン類が少ないのも特徴です。

    トップにあるのは、モードダイヤルとシャッターと電源ボタン、あとはちょっとした機能の切り替えボタンだけ。絞りやシャッタースピードの調節は、基本的にはタッチパネル式の液晶で操作します。

    170223_cp_xd1_7829.JPG

    ただ、一応グリップの前後にもダイヤルがついており、各ダイヤルに好きな操作を割り当てられます。

    値段はオープン価格ですが、45mmのレンズとボディのセットが市場価格で130万円から140万円。そのほかにも30mm、90mmのレンズが単体で用意されています。

    それでも中判は中判、ホントに高いですね。もう、APSサイズからフルサイズにステップアップするのとスケールの違う価格です。

    【CP+の関連記事】
    「PENTAX KP」、持ってみてもいい感じ。速いし #CPplus
    「THETA S」と一眼カメラのタッグ。お互いの得意分野をMIX #CPplus
    男の120回払いも辞さない! 富士フイルム中判ミラーレス一眼「GFX 50S」実写レビュー #CPplus
    パナソニック「DC-GH5」はもしかして超AF力の持ち主か #CPplus
    富士フイルムXシリーズ「X100F」「X-T20」をチェキラ! #CPplus
    GOレンズ沼! ふんわーりしたボケ味の中望遠レンズ「FE 100mm F2.8 STF GM OSS」をソニーブースで触った #CPplus
    夜の街を走る鉄道の撮影体験ができるソニーブース #CPplus

    source: CP+, Hasselblad
    (山本勇磨)

    あわせて読みたい

    powered by