インフルエンザやノロ対策に。10分で遺伝子を特定できる超小型装置が登場

インフルエンザやノロ対策に。10分で遺伝子を特定できる超小型装置が登場

速い、安い、小さい。いいことしかない。

インフルエンザノロウィルスなどの、集団感染食中毒。時に命にも関わる重大な問題ですが、その対策に1つの光明が差したかもしれません。

一体なぜ? ニューヨークで猫が鳥インフルエンザに感染

科学技術振興機構によると、日本板硝子産業技術総合研究所などの共同開発チームが「モバイル遺伝子検査機」と呼ばれる新たな装置を開発したと発表しました。別名「小型・軽量リアルタイムPCR装置」。はたしてどのようなものなのでしょうか。

食中毒などが発生した際に重要なのは、原因となった細菌やウイルスの特定ですが、そのためにはPCR装置というものが必要でした。しかしこのPCR装置、大型で消費電力も大きく価格も高いため、利用は専門施設内に限られていたのです。

170209_jst_2.jpgimage: Wikimedia

そこで立ち上がったのが今回の開発チーム。細菌やウイルスの遺伝子を高速で増やす産総研の技術と、その遺伝子を高感度で測定する日本板硝子の技術を組み合わせたそうですよ。

完成した新装置は重量約500gと小型にも関わらず、従来1時間かかっていた検査時間をわずか10分に短縮。さらには、これまでのPCR装置と殆ど変わらない高精度を保っているそうです。

さらにさらに、小型化により価格も安くなり、現場に持ち運べるようバッテリー駆動まで可能になったんですって。もういいことづくめすぎです。

食品工場などの細菌調査のほか、空港や港で感染症の水際対策としての使用も期待されるというこちらの新装置。日本板硝子より年内の発売を目指して開発中だそうです。これはもう期待せざるをえませんよね。

今すぐポチリたい。脳内の「やる気スイッチ」が慶応大らの研究チームにより発見される

image: 科学技術振興機構
source: 科学技術振興機構

(渡邊徹則)

あわせて読みたい

powered by