なぜか見入ってしまう…錆び錆びナイフを磨き上げる動画

なぜか見入ってしまう…錆び錆びナイフを磨き上げる動画

これがピッカピカになる様子、見てみたくありませんか?

こんな錆だらけの禍々しい肉切り包丁、ゴミ捨て場に見つけたらどうします? 刃は完全にに覆われているし、何の肉を切ってきたかそもそも怪しいし、下手したら呪われてそうかも…なんて思って、自分ならそのままゴミ捨て場に放っておきますね。

しかし、YouTubeチャンネルDIY projects - step by stepは違いました。

錆だらけの包丁をゴミ捨て場で見つけた動画投稿者は、「なんてもったいない!」と肉切り包丁を持ち帰り、磨き出したのです。削り始めたときは錆が分厚すぎて、しっかりとしたディスクグラインダーで削っても、黒い錆から赤茶けた錆が見えてくるだけ。何度も磨いて、摩擦熱を冷ましてまた磨き、刃だけでなく取手も削り綺麗にしています。

そのあとは、刃に研磨ペーストの代わりにワックスをつけて目の細かいサンドペーパーで削ります。磨いた取っ手にはウッドダイをつけてからオリーブオイルをつけて、新品のように色付けをします。仕上げに刃の部分にもオリーブオイルをつけて、#4000のよく見る感じの日本の砥石で磨いて出来上がり。

まさかこんな怪しい輝きを放つまでにピカピカになるとは、最初の姿からは想像もできませんでした…。そして最後には、ダンボールやリンゴを試し切り! 切れ味もしっかりと取り戻しました。

動画詳細欄には「修復してよかった、この肉切り包丁は良い鉄でできていて、研いだあとはとても鋭くなったよ」、「素晴らしいけど、こんな良いものがゴミの中で見つかるなんてちょっと残念」と書かれています。ほんとにそうですよね。肉切り包丁もきっと、第二の人生を与えられて喜んでいることでしょう。

本好きにはたまらない。古書を新品のように蘇らせる職人芸

image: YouTube - DIY projects - step by step
source: YouTube - DIY projects - step by step

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文
(abcxyz)

あわせて読みたい

powered by