画面を触れる不思議なプロジェクター「Xperia Touch」

画面を触れる不思議なプロジェクター「Xperia Touch」

むむ、これは…?

プロジェクターといえばスクリーンにイメージを投影し、操作は手元のマウスでするもの。プレゼンテーションなどでもおなじみですね。しかしソニーモバイルが新たに発表したプロジェクター「Xperia Touch」は、なんと投影した画面をタッチ操作することができるんです。んん、どういうこと?

Xperia Touchは小型プロジェクターで、離れた壁だけでなく真下のテーブルや真上の壁にも映像を投影することができます。投影できるスクリーンは23〜80インチ。まるで机がディスプレイになるような投影は、かなり新鮮な感覚です。

Android OS内蔵したことで、Google Playのアプリケーションが利用可能。また、Skype経由でビデオチャットを楽しんだり、動画を見たりゲームをプレイすることもできます。さらにPlayStation 4のリモートプレイにも対応です。

20170227ntouch2.jpg

そして本体にはプロジェクターだけでなく、赤外線センサーを搭載。これにより手の動きを読み取って最大10点マルチタッチが可能。スワイプ操作も可能なので、たとえば机にレシピを投影してスクロール…といった使い方ができるんです。

また人が接近したことを感知して、壁に時計やメッセージを表示することも可能。これまでのプロジェクターの使い方が大きく変わりそうです。

Xperia Touchは今春以降に、世界市場に投入される予定。個人的にプロジェクターがほしいと思ったことはなかったのですが、Xperia Touchはちょっと試してみたいと思いましたよ!

世界初、ZTEが「5G」対応スマホをデモ展示。光回線クラスの最大1Gbps通信

image: ソニーモバイル
source: ソニーモバイル 1, 2

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by