『スター・ウォーズ』の本当のオリジナル版が40周年を記念して再販されるかも?

『スター・ウォーズ』の本当のオリジナル版が40周年を記念して再販されるかも?

オリジナル版が見れない世の中なんて……。

「特別編」にDVD版やBlu-ray版、事あるごとに細かいところに改変が加えられてきた『スター・ウォーズ』初代三部作。今年でシリーズ40周年となるシリーズですが、1977年、1980年、1983年に劇場公開された当時のオリジナル版が見れるようになるかもしれないというMaking Star Warsからの噂をSlash Filmが伝えています。

あくまでも噂ですし、詳細も明らかになっておらず、オリジナル版が上映されるのか、それともソフトリリースされるのかも不明です。しかし今回は複数の情報元がこの噂を伝えているとのことで、Making Star Warsは初代三部作のオリジナル版が何かしらの形で見れることにかなりの自信を持っているよう

これまではLucasfilmはネガを「特別編」で改変してしまったのでオリジナル版のネガは持ってないとしており、例えば『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のオリジナル版を見るには「Despecialized Edition」(非特別篇エディション)として知られる違法版くらいしかありませんでした。昨年からは35mmの劇場公開フィルムから4Kスキャンする「Star Wars: The Silver Screen Edition」(スター・ウォーズ:銀幕版)プロジェクトがちょこちょこ動画を公開していますが、こちらは20世紀フォックスが劇場版の権利を持っているとのことで上映したり販売したりすることはできないとのこと。

もしオリジナル版が再びリリースされるのであれば嬉しいに越したことはありません。願わくば映画館の大画面で初代三部作を見てみたいものです。

『スター・ウォーズ』ハン・ソロのスピンオフ映画のキャストがミレニアム・ファルコンに集結!

image: Stefano Buttafoco / Shutterstock.com via Slash Film
source: Slash Film, Making Star Wars
参考: Facebook, YouTube

abcxyz

あわせて読みたい

powered by