「THETA S」と一眼カメラのタッグ。お互いの得意分野をMIX #CPplus

「THETA S」と一眼カメラのタッグ。お互いの得意分野をMIX #CPplus

360度全周囲の世界からズームイン!

THETA S」のセンサーの解像度は高めですが、超超超超広角ゆえにズームするとザラザラ。そこでリコー、一眼カメラのアクセサリーシューに「THETA S」をドッキング。同時に撮影してデータを組み合わせることで、全周囲の画像の一部分をシームレスかつキレイに拡大できる「RICOH Multi-imaging Technology」ソリューションを展示していましたよ。

DSC00102.jpg

「THETA S」を一眼カメラの真上に立てるのではなく、斜めに打ち出すかのようなマウンティングをしているのが特徴的。動画のデータと合わせることもできるみたい。

全周囲カメラは高解像化が難しいから、この方法は合理的。これは資料的価値のあるコンテンツ、教育目的のコンテンツ制作がはかどりそう。

【CP+の関連記事】
「PENTAX KP」、持ってみてもいい感じ。速いし #CPplus
男の120回払いも辞さない! 富士フイルム中判ミラーレス一眼「GFX 50S」実写レビュー #CPplus
パナソニック「DC-GH5」はもしかして超AF力の持ち主か #CPplus

source: CP+リコー

(武者良太)

    あわせて読みたい

    powered by