ヒトがこうして生きているのもウイルスのおかげ?

ヒトがこうして生きているのもウイルスのおかげ?

冬になると、きまってインフルエンザ・ウイルスの話が出てきますよね。インフルエンザ・ウイルスが流行するのは、ウイルスが他の細胞に感染することによって自己増殖するからです。

細胞と、ウイルスの大きな違いはDNAを保護する細胞核の有無。ウイルスは、細胞核を持たないがゆえに、他の細胞に感染しないとDNAを複製というわけです。

カリフォルニア大学の研究チームは、こんなウイルスの定説を覆す現象を発見しました。ウイルスが感染した細胞のタンパク質を使って、DNAを保護する細胞核らしきモノを生成する瞬間を撮影することに成功したのです。

同研究チームは、観察しやすくするために発光するタンパク質を付着させたバクテリオファージと呼ばれる細菌に感染する性質のあるウイルスに、感染先となる細菌を与えました。すると、バクテリオファージは、細菌のタンパク質を使って、自己のDNAを覆う膜を生成したのです。この膜に覆われたDNAこそ、細胞核の原初形態と考えられます。

この時の様子をCTスキャンにも応用されているトモグラフィーという技術を使って撮影したのが、以下の動画。00:15あたりで現われる青い円状のものが、バクテリオファージです。この丸く縁どられたような部分が、DNAを保護する膜。

以上の現象は、「細胞核をもつ真核生物はウイルスから進化した」と考える細胞核ウイルス起源説の証拠になる、と考えられます。動画で見られるウイルスが細胞核的なモノを産み出す瞬間は、ウイルスからまさに細胞に進化する現場を押さえた、と解釈できるのです。

進化の決定的瞬間を報告した研究論文は科学誌「Science」に掲載され、専門家からの大きな反響を呼びました。イギリス・ウェールズにあるカーディフ・メトロポリタン大学所属の研究者Sarah Maddocksさんは、「この研究結果は、単純なウイルスから複雑な生物種が誕生した生物進化を理解するための重要な手がかりになる」とコメントしています。

私たち人間の遠い祖先がウイルスだと考えると、何だか生物進化の深遠さを感じてしまいますね。もっとも、毎年冬になると祖先に祟られてしまいますが。

source: YouTube, Seience, The Conversation

Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US [原文]

(吉本幸記)

    あわせて読みたい

    powered by