「歌う鳥」キンカチョウは、歌の音と音の「間」もきちんと理解しているらしい

「歌う鳥」キンカチョウは、歌の音と音の「間」もきちんと理解しているらしい

だからあんなに歌がうまいのか。

沖縄科学技術大学院大学のチームが、「ソングバード」と呼ばれる歌を歌う鳥たちがどのようにして歌を覚えるのかを研究したところ、驚くべき実態が明らかになりました。

今回の研究対象となったのは、スズメの仲間のキンカチョウという鳥。彼らは歌を覚える際、多くの音の中から自身の種のもの「キンカチョウの歌」を聞き分けて選択することがわかっているのですが、その解明に挑みました。

実験では、キンカチョウのヒナを近縁種であるジュウシマツの巣で飼育。他の音を聞こえないようにするとジュウシマツの歌を歌うようになったのですが、なぜか歌の「テンポ」だけはキンカチョウのものだったそうです。

ではキンカチョウは、歌のテンポをどこで認識しているのかと調べた結果、生まれつき聴覚野に、音と音の間にある「間」に反応する「テンポ細胞」をもっていることが発見されたそう。この細胞は、キンカチョウの歌によくある音の要素と、一定の長さの「間」に反応することが判明したそうです。

「音」で歌を識別するのは何となく想像がつきますが、その間にある「間」でも行っているとは驚きですよね。

本研究の結果により、空白の長さにキンカチョウの歌の特徴、つまり「種の特異性」という情報がコードされていると考えられます。「空白に情報をコードする」という新しい概念が生まれるので、情報処理の分野へ新たな考え方をもたらすことが期待されるそうです。

今後について研究チームは、キンカチョウがどのように「間」の長さを検出するのか、進化の過程でどのようにその能力を獲得したのかといった研究を進めていくそうですよ。

image: 沖縄科学技術大学院大学
source: 沖縄科学技術大学院大学
(渡邊徹則)

    あわせて読みたい

    powered by