32bitいよいよ終焉か…? iOS 10最新ベータ版で「iPhone 5/iPhone 5c/第4世代iPad」がサポート外に

32bitいよいよ終焉か…? iOS 10最新ベータ版で「iPhone 5/iPhone 5c/第4世代iPad」がサポート外に

諸行無常といいましょうか…。

最近のApple(アップル)は後方互換性にかなり気を使っており、例えば最新のiOS 10.3はiPhone 5以降、第4世代iPad以降、第2世代iPad mini以降、第6世代iPod touchでも利用可能です。しかし海外からの報告によると、最新の「iOS 10.3.2」のベータ版ではiPhone 5/iPhone 5c/第4世代iPadがサポート対象外となっているそうなんです。

この情報をThe Apple Postに伝えた、TwitterユーザーのZeph McLearan氏によれば、iOS 10.3.2 ベータ版のダウンロードページに上記の端末が含まれていないのです。なおAppleからは特にこの変更についての案内はなく、アップデート内容も「バクの修正と機能向上」という説明でした。

それにしてもなぜiPhone 5/iPhone 5c/第4世代iPadが対象外となるのか…ですが、これらの端末は「すべて32bit世代の端末」という特徴があります。64bitへの完全以降がいよいよ始まるのかもしれません。

さらに次期メジャーアップデートとなるiOS 11では「32bitアプリが使えなくなる」との情報もあり、OSとアプリ、これらのサポート端末の変更が一気に訪れる可能性がありそうです。アプリに関しては、iOS 10.3より「今後使えなくなる可能性のあるアプリを一覧表示する機能」まで追加されましたからね。いろんなところで64bitへの完全以降を準備していることがわかりますね。

なおAppleは、6月5日から9日まで恒例の開発者向け会議「WWDC」開催することを発表しております。このイベントではiOSのメジャーアップデートが発表されることが多いのですが、はたして今年の「iOS 11」にて32bitデバイスや、32bitアプリが消え去ることになるのか…ちょっと、いやかなり気になりますね。

「iOS10.3」では今後動かなくなるかも?なアプリを一覧表示できます

image: Ekaterina_Minaeva / Shutterstock.com
source: The Apple Post, Zeph McLearan - Twitter

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by