母親の指紋とSiriで、意識を失った母親の命を救った4歳の男の子

母親の指紋とSiriで、意識を失った母親の命を救った4歳の男の子

4歳の子どもだって、知恵とiPhoneがあればお母さんの命を救うことができる。

BBCが報道した、ロンドンの南のケンリーに住む、とある4歳の英雄がいます。この男の子は、母親の指紋でiPhoneのロックを解除し、Siriから911(イギリスの緊急通報)に電話をかけ、自宅で意識を失った母親の命を救ったのです。

Siriから911に電話をかけ、オペレーターに繋がると、冷静に、適切に状況と居場所を伝えていきます。以下はMetropolitan Policeによる、警察とローマン君の実際のやりとりです。

オペレーター:こちら警察です。どうされましたか?

ローマン君:ハロー。僕はローマンです。

オペレーター:オーケー、お母さんはどこにいるの?

ローマン君:家にいるよ。

オペレーター:君はどこにいるの?

ローマン君:僕も家にいるよ。

オペレーター:お願いがあるんだけど、お母さんに代わってくれる?

ローマン君:無理だよ、お母さんは死んじゃったんだ!

オペレーター:お母さんはそこにいると言ったよね、お母さんが死んじゃったってどういうこと?

ローマン君:それは、お母さんの目が閉じてて、息をしてないということなの

オペレーター:わかりました。君たちがどこに住んでいるかわかる?

ローマン君:○○通りの22。

オペレーター:ママのところに行って、揺すってみてくれる?

ローマン君:起きないよ。

オペレーター:ちゃんと揺すって、「マミー」と大声で呼びかけてみて?

ローマン君:「マミー!」

ローマン君:何も変わらないよ。

オペレーター:ケーンリーにいるの?

ローマン君:そう、ケーンリーだよ!

オペレーター:君の名前は?

ローマン君:ローマン。

このローマン君の電話の13分後、警察と救急隊がかけつけ、母親は一命を取り留めました。病院で治療を受け、今は子どもと一緒に家で過ごしています。

さて、この4歳の男の子の武勇伝からは、もうひとつの考察がうまれます。このような緊急時に備えて、やはり自宅には固定電話はあったほうがいいのか? もしくは、指紋でアンロックする方法やパスワードを子供に教えておくべきか?ということです。

まず携帯電話は、固定の場所や住所の紐付けられていないため、着信番号から居場所を追跡するのが難しいとされています。 LifehackerのPatrick Allenさんによれば、個別の緊急通報は一番近い携帯電話の基地局までは特定可能とのこと。

しかし固定電話を使えば、番号が登録されている居場所や住所がわかるし、ロック解除なんかする必要なく直ちに電話をかけることができるので、小さい子を持つ親はなかなか固定電話を手放すことができないのが実情です。でも日頃の固定電話の必要性はどんどんなってきてますよね…。

ローマン君の家に固定電話がなかったのか、もしくはローマン君に固定電話を使う発想がなかったのかはわかりません。ですが意識を失った状態でも、母親の指紋を使えばiPhoneのロック解除ができるということを、4歳の子どもが知っているのはすごい反面、ちょっと怖いですよね。自分が寝てるときなど、日頃から知らないあいだにiPhoneをいじり倒されるのは、すごく困ります。iPhoneには、ロック解除画面から緊急電話をかけられるようになっていますが、すべての子ども達がiPhoneのその仕様を知っているとは思えませんし。

とはいえやはり緊急時を思うと、普段は使わなくても固定電話をつなげておいたほうがいいかもしれません。しかし、ちゃんと適切な使い方を教えれば携帯電話でも済むかもしれません。こういった重大なケースの対策や教育について、はっきりとした答えはすぐには出ませんが、ともあれ今回はSiriはとても役に立ったようです。画面からiPhoneの操作ができない子どもでも、Siriとの会話で必要な機能を引き出すことができたという好事例ですね。

Amazonの音声アシスタント「Alexa」は緊急時には役に立たないかも

image: Apple via Gizmodo US

source: BBC

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(mayumine)

あわせて読みたい

powered by